ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった( 英題: ONCE WERE BROTHERS:ROBBIE ROBERTSON AND THE BAND )

16027629764130.jpg

監督:ダニエル・ロアー 
製作総指揮:マーティン・スコセッシ、ロン・ハワード
原案:「ロビー・ロバートソン自伝 ザ・バンドの青春」(ロビー・ロバートソン著、奥田祐士訳、DU BOOKS刊)
出演:ザ・バンド<ロビー・ロバートソン、リック・ダンコ、リヴォン・ヘルム、ガース・ハドソン、リチャード・マニュエル、マーティン・スコセッシ、ボブ・ディラン、ブルース・スプリングスティーン、エリック・クラプトン、ピーター・ガブリエル、ジョージ・ハリスン、ロニー・ホーキンス、ヴァン・モリソン、タジ・マハール

ボブ・ディランなど数々のミュージシャンに支持されるロックバンド、ザ・バンド。デビューアルバムのタイトルにもなった「ビッグ・ピンク」と呼ばれた場所でのセッションなどで、メンバーは友情を深める一方、軋轢も生まれていった。そして1976年11月25日、のちに伝説となった解散ライブ「ラスト・ワルツ」がサンフランシスコのウィンターランド・ボールルームで開催される。

“ザ・バンド”というシンプルなバンド名が、ロック史上に残した足跡の大きさにあらためて胸を打たれた。ロビー・ロバートソンが「あまりにも美しい関係だった」と語る5人の絆。家族、兄弟のように暮らし、共に創造の旅を送っていた比類なきメンバーのうち、3人はもうこの世にいないのだ。初アルバム「ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク」を1日中取り憑かれるように聴いていた日々を思い出し、涙が止まらなかった。「The Weight」「Ophelia」などの懐かしい楽曲がふんだんに流れ、5人最後のライブシーンもあるのだから、胸熱になるのも仕方ない。
唯一の米国人リヴォン・ヘルムの魂を絞り出すかの如くハスキーで温かなボーカル。ソリッドなギター音が楽曲を彩ったリック・ダンコ。繊細且つ力強いキーボードのリチャード・マニュエルは43歳で自死した…。4人のボーカルがロバートソンのメロディと共鳴した時の恍惚感…。もう生の演奏は味わえないのは寂しい。
リヴォン・ヘルムと共に中心メンバーだったロビー・ロバートソンの回想によって進行するものの、背後には逝ってしまった3人の影を常に感じさせる。あのエリック・クラプトンもザ・バンドに魅せられた1人だ。彼らが共同生活していたウッドストックの”ビッグ・ピンク”まで出向き、グループへの加入を切望したというのだから面白い。
他にも、ブルース・スプリングスティーン、故ジョージ・ハリソン、ヴァン・モリソン、ピーター・ガブリエル、タジ・マハール、『ラスト・ワルツ』を監督し、本作の製作総指揮を担ったマーティン・スコセッシらがザ・バンドとの想い出と魅力を熱く語る。最も印象的だった語り手は、ロバートソンの元妻だ。パリでの出会い、妊娠〜出産、”楽園”のはずだったビッグ・ピンクでの生活に軋みが生じた様子。浪費、アルコール漬け、ドラッグ…。
「最も悩まされたのは車の事故よ」
ロバートソンと違い、家庭を持たない一部のメンバーはお酒とドラッグに溺れたまま運転し、事故を起こす。その後始末に追われる日々は相当な心労だったと語る。

作詞・作曲者と演奏者では収入の度合いが違い、メンバー間に経済的格差が生まれたのも一因だろう。解散後、ロバートソン以外のメンバーたちがザ・バンドとして活動していたこともあった。それも’99年にリック・ダンコが他界により、活動停止。本作は、あくまでも“ロビー・ロバートソン史観”によるグループ史なのだ。存命するガース・ハドソンのインタビュー映像は撮られたがカットされた。理由は明かされない。
グループそのものが青春だった頃、ピュアな光彩・輝きを放つも、成功の蜜は平等に降り注がなかった。そんな切なさ、苦さを伴う内容も、涙の一因かもしれない。

監督は製作当時、26歳のドキュメンタリー作家である。両親の影響でザ・バンドを知り、虜になったという。若い世代が撮ったことが奏功し、対象と適度な距離感が生まれている。ザ・バンドの活動期を知らない世代への継承の意味でも価値ある一作となった。(大瀧幸恵)


16027630429891.jpg

2019年/カナダ、アメリカ/英語/カラー・モノクロ/アメリカンビスタ/5.1ch/101分
配給:彩プロ
後援:カナダ大使館
(C) Robbie Documentary Productions Inc. 2019
★2020年10月23日(金)より、角川シネマ有楽町、渋谷WHITE CINE QUINTO他にて全国公開
posted by グランマゆきえ at 20:52Comment(0)カナダ

キーパー ある兵士の奇跡 ( 英題:The Keeper )

16026843199760.jpg

監督・脚本:マルクス・H・ローゼンミュラー
脚本:ニコラス・J・スコフィールド
撮影監督:ダニエル・ゴットシャルク
出演:デヴィッド・クロス、フレイア・メイヴァー、ジョン・ヘンショウ、デヴラ・カーワン、マイケル・ソーチャ、ハリー・メリング、ゲイリー・ルイス、バーバラ・ヤング、オリビア・ミニス、トビアス・マスターソン

1945年、戦地で捕虜となったナチスドイツの兵士バート・トラウトマン(デヴィッド・クロス)はイギリスの収容所に送られる。収容所内でサッカーをしていた際に地元チームからゴールキーパーとしてスカウトされ、試合で実績を残した彼は名門サッカークラブ「マンチェスター・シティFC」に入団。元敵兵に対する罵詈雑言を浴びながらもトラウトマンはゴールを守り抜き、やがて歴史ある大会でチームの優勝に貢献する。

前回ご紹介した『アウェイデイズ』に続き、またもイングランド北西部訛りの心地好い響きが味わえる。ただ、本作は英・独合作であり、ドイツ語も頻繁に登場する。主人公はドイツ・ブレーメン出身のバート・トラウトマンという実在の人物だ。
原題は『The Keeper』。シンプルなタイトルからは想像し難い波乱万丈のドラマが展開される。サッカーの名ゴールキーパーとして、トラウトマンが守ろうとしたものは何だったのか。ピッチに立つ男の決意と覚悟、背負うものの重さを『愛を読むひと』では少年だったドイツ生まれのデヴィッド・クロスが熱演する。
1944年、 ドイツ兵士のトラウトマンが置かれた戦場から英国セントへレズ捕虜収容所まで、画面には一貫して色がない。地元クラブチームを主催する父を持つマーガレットが登場するや、映画は色めき立つ。父にスカウトされ、選手として活躍したトラウトマンは、収容所からの解放後も英国に留まった。
「サッカーは野蛮ね」
「いや、サッカーは君の好きなダンスと同じだよ。選手の動きは踊りのようだ」
マーガレットと結婚。やがて名門マンチェスター・シティFCに入団し、外国人では初の最優秀選手賞、大英帝国勲章を受賞するほどの名選手になるのだ。
敵国ドイツ兵だった選手へのブーイング、メディアの攻撃は凄まじい。ユダヤ人居住者が多いマンチェスターでは、ラビまで介入し、試合をボイコットしようとする。が、ラビの影響力は絶大だ。トラウトマンの活躍に感銘したラビの呼び掛けにより、地元での信頼を獲得して行く様子が分かりやすく描かれる。

まとまった良作なだけに注文をつけたくなる。トラウトマンの存在意義はサッカー選手であることだ。名選手であろうとも、強烈な悪意に晒され、チーム内での相剋や容赦のないポジション争いもあったことだろう。戦争、捕虜収容所、サッカー…、死と隣り合わせの過酷な修羅場を生き抜いてきた男だ。女や家庭が入り込む余地のない世界に於いて、不屈の精神によりトラウトマンが手繰り寄せた栄光と和解、サッカー選手としての覚悟、姿勢、矜持といった内心をもっと掘り下げてほしかった。家庭人の顔も大事だが、ロマンスや理解ある人々の描写に寄り過ぎた感がある。あなたはどう感じるか、ぜひ観て確かめてほしい。

ただ、演者陣の充実ぶりは世界一俳優の層が厚い英国ならでは!『ハリー・ポッター』シリーズで太っちょ従兄弟を演じていたハリー・メリングが見違えるほどスレンダーになって捕虜収容所長の難役をこなせば、トラウトマンの運命を変えた義父にケン・ローチ作品の常連で、TVドラマ「ダウントンアビー」のジョン・ヘンショウが好演。『わたしは、ダニエル・ブレイク』のデイブ・ジョーンズ、『リトル・ダンサー』の父役ゲイリー・ルイスなど忘れ難い俳優が脇を固める。『サンシャイン/歌声が響く街』 の美少女フレイア・メイヴァーが母性溢れるマーガレット役で帰ってきたことが嬉しい。(大瀧幸恵)


16026857011361.jpg

2018年/イギリス・ドイツ/英語・ドイツ語/119分/スコープ/カラー/5.1ch/
配給:松竹
ⓒ2018 Lieblingsfilm & Zephyr Films Trautmann
★2020年10月23日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開
posted by グランマゆきえ at 23:06Comment(0)イギリス

アウェイデイズ (原題: AWAYDAYS )

16019088259020.jpg

監督:パット・ホールデン
原作・脚本:ケヴィン・サンプソン
出演:ニッキー・ベル、リーアム・ボイル、スティーヴン・グレアム、イアン・プレストン・デイヴィス、ホリデイ・グレインジャー

1979年のイングランド北西部。下級公務員として働く19歳のカーティは、エコー&ザ・バニーメンのライブでエルヴィスに出会う。エルヴィスはカーティが憧れるギャング集団「パック」のメンバーで、芸術や音楽などについて語り合えるカーティのような友人を欲しいと思い続けていた。しかし、友情を育む二人の間に亀裂が生じ始める。

’70年代の終わり、イングランド北西部マージーサイドの青春を濃密に綴ったこの秀作が、なぜ11年も公開されなかったのか? 19歳の 主人公カーティが、母の墓参りを終え、アディダスのスニーカーとスポーツブランドのパンツに履き替えて走り出す冒頭の場面から、映画は疾走感に満ち、ワクワクと鼓動が脈打つのを感じる。機関車、フェリー船を越えて 電車に飛び乗るカーティ。サッカーと酒、ドラッグ、暴力を共有する仲間がそこにいる。
苛烈な行為と野次を飛ばし続ける労働者階級の若者たち。暴力・性描写も修正無しでの公開となったため、レイティングはR18+指定だが、英国映画ファンとしてはオリジナルのまま観られるのが何とも嬉しい。

もう一つの魅力は音楽だ。当時のポストパンクミュージックシーンが鮮やかに蘇る。カーティとエルヴィスが運命的な再会を果たすのは、「エコー&ザ・バニーメン」のギグ。「エコバニ」のメンバーと話すカーティにエルヴィスは関心を抱く。
「友だちなのかい?」
「いやぁ、知り合いだ。アートスクールで一緒だった」
「スゲェなぁ。俺は面接で落ちたぜ」
そう、当時の英国ロックシーンは、アートスクール出身のメンバーが多く占めていた。本作で流れる「ジョイ・ディヴィジョン」「ザ・キュアー」「マガジン」「エコー&ザ・バニーメン」「ウルトラヴォックス」「シンプルマインズ」「ラスカルズ」らの楽曲は、とてつもない郷愁を呼ぶ。不思議なものだ。 マージー川を越えると対岸はリヴァプール。アイルランド行きの船が行き交うイングランドの西の果てで奏でられた曲が、日本人の心に今も響き渡っているのだから。

寄る辺ないエネルギーを持て余し、外国籍の船舶を見つめ、”ここではない何処かへ”飛び出したいと願いながら、今日も血流と乱闘の遠征(=Awayday)へ繰り出す若者たち。本作は確実に、『さらば青春の光』『トレインスポッティング』『コントロール』といった英国労働者階級映画の系譜を継ぐものである。ハイスピードカメラを多用した、粗くスタイリッシュな映像とテンポの良いリズムが刻む。’70年代を英国ミュージックシーンと過ごした人には必見の映画だ。(大瀧幸恵)

2009年製作/105分/R18+/イギリス/カラー/ビスタサイズ/5.1ch / DCP
配給:SPACE SHOWER FILMS
公式サイト:https://awaydays-film.com/
(C) Copyright RED UNION FILMS 2008
★2020年10月16日(金)より、新宿シネマカリテほか全国公開
posted by グランマゆきえ at 08:25Comment(0)イギリス