461個のおべんとう

原作:渡辺俊美
監督・脚本:兼重淳
脚本:清水匡
出演:井ノ原快彦、道枝駿佑、森七菜、若林時英、工藤遥、阿部純子、野間口徹、映美くらら、KREVA、やついいちろう、坂井真紀、倍賞千恵子

離婚した鈴本一樹(井ノ原快彦)は、15歳の息子・虹輝(道枝駿佑)を巻き込んだことに罪悪感を抱いていた。やがて、一度は失敗した高校受験に合格した虹輝は、昼食を買うのではなくおべんとうを父に作ってほしいという。二人は「3年間、毎日おべんとうを作る」「3年間、休まず学校へ行く」という約束をする。こうして一樹のおべんとう作りが始まった。

「TOKYO No.1 SOUL SET」でギター、ヴォーカルを務める渡辺俊美の実話を基にしている。「これは毎日のお弁当の話だ。それ以上でも、それ以下でもない」…。冒頭、15歳の息子・虹輝(道枝駿佑)の言葉で始まる本作は、実は”毎日のお弁当”以上のものを観客に伝えてくれる心温まる佳編だ。思春期の男の子ほど扱い辛い生きものはない!という体験的自論を持つ身としては、25年前を振り返り、甘酸っぱい気持ちで胸がいっぱいになった。卑近な例で恐縮ながら、我が息子と比べれば虹輝くんは何と素直なこと!学校からの呼び出しもなければ、粗野な言動・行為もしない。ゲーム好きの引っ込み思案体質は、ミュージシャンで「何とかなるさ〜」的ラフ且つレイジーな父親を反面教師としているのかもしれない。扮する道枝駿佑の女の子と見紛う容姿、長い手足のマイルドさ加減も影響していると思うが、反抗期の男子はこんなものではない。

そして、井ノ原快彦が好演する父親は二日酔い明けでも創意工夫を駆使したお弁当を拵え、男同士の約束を守ろうとする。見どころが多いのも本作の特長だ。お出汁や調味料、季節の素材(桜海老やニラ、パプリカなど)、彩りにもこだわった卵焼きは1日とて同じ味はない。

父のバンド仲間、KREVA(嬉しい共演♪)らとのライブシーンがこれほど多いとは予想していなかった。オリジナル曲を使用したライブには渡辺俊美がカメオ出演し、楽しいムードを盛り上げている。レコーディングスタジオでのバンドのやり取りがアドリブだったと後で知り、驚いた。20周年を迎えたバンドという設定を自然な雰囲気で醸し出している。

そんなリラックスした現場から、演者陣の持ち味を引出したのは、『キセキ あの日のソビト』でミュージシャンを、『泣くな赤鬼』では高校野球を題材にした兼重淳監督。美味しい映画を作ったものだ。(大瀧幸恵)


2020年製作/119分/G/日本
配給:東映
製作プロダクション:ジョーカーフィルムズ
製作幹事:ハピネット
(C) 2020「461個のおべんとう」製作委員会
公式サイト:https://461obento.jp/
★2020年11月6日(金)から全国公開




posted by グランマゆきえ at 13:41Comment(0)日本

愛しの故郷 (ふるさと)( 原題:我和我的家乡 )

16037730947780.jpg

製作総指揮:チャン・イーモウ
監督:ニン・ハオ(総監督)、チェン・スーチェン、シュー・ジェン、ダン・チャオ、
ユー・バイメイ、ポン・ダーモ、イェン・フェイ
出演:グォ・ヨウ、ホアン・ボー、ワン・バオチャン、リウ・ハオラン、ドン・ズージェン、
トン・リーヤー、ファン・ウェイ、タオ・ホン、チャン・イー、ワン・ジュンカイ、
ダン・チャオ、イェン・ニー、ワン・ユエン、スン・リー、シェン・トン、マーリ-

北京という名のお調子者は、名匠チャン・イーモウからの出演依頼を断ったとホラを吹いていた。UFOが出没したという南部貴州の田舎町を訪れたテレビクルーの前に怪しい村長、商人、農民発明家が登場する。アルツハイマー病を患う老教師のため、息子と教え子たちが彼にとって思い出深いものとなっている東部千島湖の村での授業を再現させようとする。西部で生まれたカリスマインフルエンサーと後輩が、母校の設立記念日に合わせて帰郷する。過疎化が進み年配の人々が大半を占める村で、画家とその妻が住んでいた。

冒頭、中国の原風景ともいえる田んぼが広がる。 ポツンポツンと案山子が顔を出す長閑な風景…。 画面はバスの中に切り替わり、禿げ頭の二人が大写しに。こんな風に5つのエピソードが綴られていくオムニバス映画。句読点のように、中国の人々が、自らの故郷について語るシークエンスが挟まれる。

姉妹作として前回ご紹介した『愛しの母国』ほどの国粋主義的な傾向は薄れ、コメディ一色の楽しい逸話が続く。国慶節では『愛しの母国』を抜いて、興収1位になったのも頷ける。中国は広大過ぎるため、東部・西部・南部・北部と分けられても、何となくイメージが沸かない。ただ、1話のように”北京”という名の男が北京に住んでいても、話すと「どこそこの訛りが丸出しじゃないか」と言われたり、登場人物たちがそれぞれの故郷を背負っているのが明らかだ。
あまりに田舎らしい光景なので、時代は遡るのかと思いきや、最新のスマホ、電子マネー決済、ロボットなどなどが小道具として普通に出てきて、”現代なのか!”と気付かされる始末。賑わうビアホールでほろ酔い気分から、「張芸謀にエキストラで出ろと言われたんだぞ」と 歌い出す役を有名俳優グォ・ヨウが演じるのだから可笑しい。

全エピソードとも軽妙な劇伴が流れ、お気楽ムードで観ていると、それぞれのの故郷に対する熱い思い、建国から再建・近代化までの苦労話、村おこし、村中をアートでいっぱいにしたり、 とてつもなく大きな田んぼアートが登場するなど、中国ならではの物量・人海戦術を投入したスケール感が味わえる。「世界一美しい村」と誇りたくなる矜持・自負が中国国民を支えていることが感じられた。(大瀧幸恵)


16037732922271.jpg

2020年/中国/シネスコ/152分/
配給・宣伝:wow cool entertainment /
公式サイト:http://wowcoolentertainment.com
©︎BEIJING JINGXI CULTURE&TOURISM CO.,LTD /CHINA FILM CO.,LTD
★11月6日(金)よりグランドシネマサンシャインにて1週間限定公開

posted by グランマゆきえ at 13:26Comment(0)中国

ウルフウォーカー ( 英題:WOLFWALKERS )

16032920942921.jpg

監督:トム・ムーア、ロス・スチュワート
音楽:ブリュノ・クーレ、KiLA、オーロラ
声の出演:オナー・ニーフシー(ロビン)、エヴァ・ウィテカー(メーヴ)、ショーン・ビーン(ビル)、マリア・ドイル・ケネディ(モル)
サイモン・マクバーニー(護国卿)
(日本語吹き替え版)新津ちせ(ロビン)、池下リリコ(メーヴ)、井浦新(ビル)

中世アイルランドの町キルケニーでは、人々が森に住むウルフウォーカーについてひそかに囁き合っていた。少女ロビンはオオカミ退治のため、イングランドからハンターの父と共に、キルケニーにやって来る。ある日、父の後を追いかけて森に入った彼女は、人間とオオカミが一つの体に共存し、魔力で傷を癒やすヒーラーでもあるウルフウォーカーのメーヴと出会い、仲良くなる。

『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』『ブレンダンとケルズの秘密』に続く、トム・ムーア監督が送る”ケルト3部作”の完結編である本作は、人間と自然の共生を理想として謳い上げた詩情豊かなオーケストレーションだ。画面から、匂い、風、光、空気、大地の音が伝わってくる。森と街を対比した鮮やかな色彩、手描き水彩アニメーションは躍動感に溢れ、観客を中世の世界へと誘う。
1650年アイルランド、 キルケニー。英国からやってきた少女ロビンはハンター志望。英国にいた時のように外へ出たくて堪らないが、父から堅く止められる。
「外は狼だらけだ。城壁から出るな」
映画はロビンを抑圧の象徴として描く。ハンターは男の仕事、女は掃除や家事をしろ、子どもは街の外に出てはいけない。自由を渇望するロビンが羽ばたく瞬間を観客は待ち望む。

ロビンが森で出会う少女メーヴこそ、人間と狼が一つの身体に共存した「ウルフウォーカー」だった。夜、ロビンの身体は幽体離脱し、狼となって2人が森を自由闊達に走り、飛び回る時の解放感!ジブリアニメを想起させる楽しさ、高揚感、ダイナミックでマジカルな世界が広がる。ウルフウォーカーは、魔法を用い、傷を癒すヒーラーでもあるのだ。ロビンの傷を、観客の心をも癒してくれるメーヴ。だが、人間たちにより森は縮み続け、狼は狩猟の対象となってしまう。

アイルランドでは1786年を最後に狼は絶滅した。古代ケルトの人々は狼を人間より強い生き物と捉え、尊敬の念をもって接したという。自然界では全ての生命に対して謙虚であれ…、トム・ムーアが本作に込めたメッセージのような気がした。(大瀧幸恵)


16032917226260.jpg

2020年製作/103分/G/アイルランド・ルクセンブルク合作
配給:チャイルド・フィルム
後援:駐日アイルランド大使館
(C) WolfWalkers 2020
公式サイト:https://child-film.com/wolfwalkers/
★2020年10月30日(金)よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開