プラスチックの海 ( 原題:A Plastic Ocean)


16044855442130.jpg

監督・脚本・製作総指揮:クレイグ・リーソン
脚本・編集:ミンディー・エリオット
撮影:マイケル・ピッツ
出演:クレイグ・リーソン、デヴィッド・アッテンボロー、バラク・オバマ、シルヴィア・アール

クレイグ・リーソン監督は、幼いころにシロナガスクジラのとりこになり、世界中の海をめぐってその姿を追い続けてきた。だが、彼がどこへ行っても出合うのは、海に流れ込んだ大量のプラスチックごみだった。最近は通常のゴミよりもさらに細かい5ミリ以下のマイクロプラスチックによる海洋汚染も深刻化している。

冒頭、名作小説「白鯨」 の言葉を引用し、 大海原が映された時点から居住まいを正して観ることになる。シロナガスクジラが音を立てず泳ぐ姿は何とも美しい。子どものピグミーシロナガスクジラの貴重な映像。イルカとの会話。豊穣な海、大自然と共に歩む地球のスケールを実感した後で提示される事実に打ちのめされた。クジラや魚、貝類やなど様々な水生生物に溢れていたはずの地球上の海は、プラスチックの海になってしまったのだ。

光が届かない水深にも大量の海底ゴミと呼ばれるプラスチック残滓が永遠に残っている。海の水流はゴミが処分された場所だけには留まらない。大西洋〜太平洋と地球上の海を還流しているのだ。ゴミの島はテキサス州くらいの大きさに達しているという。
表面からは見えないマイクロチップ状になったプラスチックを稚魚が食べる。プランクトンから続く食物連鎖は、小さいイワシの体内からもプラスチックが検出され、それらは化学物質と結着し、人体にも影響を与えているのだ。
鯨は大きく口を開けるため、入ったものは何でも飲み込んでしまう。救出した鯨やイルカの体内からは、大きなペットボトル、菓子袋、人々が生活で使う色々な製品が形のまま出てくるのを観た時、心から魚に謝りたい気持ちになった。

映画は悪戯に恐怖心をあおり立てることはしない。極めて冷静に丁寧に海の現状を伝えてくれる。主題のようなグローバルで深刻且つ重要な問題に直面した時、「自分ひとりやっても…」と考え、問題を直視することを避けがちだ。日本は使い捨てプラスチックの1人当りの使用量が世界で2番目に大きい。今年から買物レジ袋が有料になったばかりだ。社会や経済の仕組みを変えていくことで人々の認識や優先順位を変え、行動の変容を促すことができるのではないだろうか。日本が持つ高い技術力で、海洋プラ汚染の防止や海に流出したプラスチックの回収、安全で有用な処理など世界に役立てることがきっとあるはずだ。貴重な現状を知らしめてくれた本作に感謝したい。(大瀧幸恵)


16044857851131.jpg


2016年製作/100分/イギリス・香港合作
配給:ユナイテッドピープル
公式サイト:https://unitedpeople.jp/plasticocean/
★2020年11月13日(金)より、アップリンク渋谷・吉祥寺ほかにて全国順次公開
posted by グランマゆきえ at 19:25Comment(0)イギリス

THE CAVE(ザ・ケイブ)サッカー少年救出までの18日間 (原題:นางนอน(ナーンノーン) 英題:The Cave)

16044742231300.jpg
監督・脚本・製作:トム・ウォーラー
脚本・製作:カトリーナ・グルース 
脚本:ドン・リンダー
出演:ジム・ウォーニー、エクワット・ニラトヴォラパンヤー、ジェームズ・エドワード・ホーリー、ノパドル・ニヨムカ、エリック・ブラウン

2018年、タイのチェンライ。サッカーチームの子供たちとコーチが、豪雨により増水した洞窟の奥深くに閉じ込められ、遭難から9日後に発見される。しかし、洞窟内の数か所が水没するなどいくつもの難所に阻まれ、脱出は困難を極めていた。一刻を争う中、世界中から洞窟潜水士が集められ、決死の救出活動が始まる。

2年前に発生し、世界が固唾をのんで見守った事件。13名の少年とコーチ全員が救出されるまでの映画化である。ドラマの中心を為すのは、救出に関わった人々、洞窟の周囲でが起こっていたか、という事実の再現だ。
時折り差し挟まれる少年たちの映像は漆黒の闇の中、岩から滲み出た水を飲もうとする少年、励ますコーチの「声」だけ。冒頭、陽光の下で楽しげにサッカーに興じ、自転車を乗り回していた少年たちのイメージが残るだけに、闇の中とのコントラストが鮮明になる。あの溌剌とした少年たちは今どうしているのだろう?と想像せざるを得ない巧みな演出だ。

嘉手納基地を通して米軍レスキュー隊がとる協力体制、ポンプを持ってきた業者がいるのに、申請・許認可がないと駄目、と手続きを優先する行政。潜水許可が降りない…などなど、一刻を争う場面でも救助活動は遅々として進まないもどかしさ。
生存者のために祈る僧侶、歌と踊りを捧げる人々、救出作業の過程で犠牲者も出てしまい…。漠然としか知らなかった事件の全貌が明らかになるに連れ、目が離せなくなってしまう。緊張感を孕んだ104分である。(大瀧幸恵)



16044773693410.jpg


2019年/タイ・アメリカ/英語・タイ語//104分/G/タイ・アメリカ合作
配給:コムストック・グループ+WOWOW 
配給協力:REGENTS
© Copyright 2019 E Stars Films / De Warrenne Pictures Co.Ltd. All Rights Reserved.  
★2020年11月13日(金)に新宿ピカデリー他にて全国公開
posted by グランマゆきえ at 15:42Comment(0)タイ

ホテルローヤル

16044687091370.jpg

監督:武正晴
原作:桜木紫乃
出演:波瑠、松山ケンイチ、安田顕、余貴美子、原扶貴子、夏川結衣、伊藤沙莉、岡山天音

北国の湿原を望むラブホテル「ホテルローヤル」経営者の一人娘・田中雅代(波瑠)は受験に失敗し、渋々実家の仕事を手伝うことになる。アダルトグッズ会社の営業・宮川聡史(松山ケンイチ)に思いを寄せながら、告白することなく淡々と仕事をこなす間にも、ホテルにはさまざまな境遇の男女が訪れる。ある日、ホテルの一室で心中事件が起こり、さらに父・大吉(安田顕)が病気で倒れてしまう。

北海道、釧路。閉鎖されたラブホテルを探索しているカップルが、朽ち果てた部屋の鏡を撮影すると、ホテルが辿った過去が鮮明に蘇ってくる。本作の主役は「ホテルローヤル」なのだ。2時間3800円で充たされる場所に集う人々の人間模様が、『百円の恋』『全裸監督』などの武正晴監督によって、丁寧にノスタルジック調に紡がれて行く。
清掃係のおばちゃんたち、札幌の美大受験に失敗し、仕方なく家業のホテルを手伝うことになった娘、アダルトグッズを”リアルに”説明をしていると「年頃の娘さんの前ですみません」と謝る誠実な営業マン。
地下のボイラー室で食事をしていると、漏れ聞こえてくる◯◯な声、物音。仕送りの手紙
を読み聞かせ、一向に帰省しない息子の写真をかざすおばちゃん。ホテルを裏から支えるスタッフの日常を描く視線が優しい。

甲斐性のない父を演じる安田顕、アダルトグッズ営業マン役の松山ケンイチ、妻に裏切られ、女子高生(伊藤沙莉)と滞在する高校教師の岡山天音など、不思議に男優陣に息が吹き込まれているように感じた。
父が病に倒れ、ホテル事業、自分自身と向き合っていく娘、10年の月日、両親の回想シーンなど、静かな中にも転変に富んだ物語を葛折りのように編んだ演出が好感を齎す佳編である。
(大瀧幸恵)


16044689662741.jpg


2020年製作/104分/PG12/日本
配給:ファントム・フィルム
製作:「ホテルローヤル」製作委員会
(C)桜木紫乃/集英社 (C)2020映画「ホテルローヤル」製作委員会
公式サイト:https://www.phantom-film.com/hotelroyal/
★11月13日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開
posted by グランマゆきえ at 14:48Comment(0)日本