エイブのキッチンストーリー( 原題:Abe)

16050946828842.jpg

監督:フェルナンド・グロスタイン・アンドラーヂ
原案・脚本:ラミース・イサック、ジェイコブ・カデル
出演:ノア・シュナップ(エイブ)、セウ・ジョルジ(チコ)、ダグマーラ・ドミンスク(レベッカ)、アリアン・モーイエド(アミール)、マーク・マーゴリス(ベンジャミン)

ニューヨーク・ブルックリンで生まれ、イスラエル人の母とパレスチナ人の父のもとで育った12歳の少年エイブ(ノア・シュナップ)。文化や宗教の違いから対立する家族に悩まされる日々を送る中、彼にとって唯一の心のよりどころは料理を作ることだった。ある日、チコ(セウ・ジョルジ)という世界各地の味を掛け合わせたフュージョン料理を作るブラジル人シェフと出会う。エイブは自分にしか作れない料理を編み出し、それを家族に食べてもらうことでバラバラだった皆を一つにしようと考える。

異なる文化、言語、政治、歴史的背景…。対立するそれらの要素の真ん中に立たされた少年エイブ。深刻になりそうな題材だが、実にポップで軽みを帯び、彩りも鮮やかなテンポの良い快作に仕上がった。ブラジル人監督のフェルナンド・グロスタイン・アンドラーデなればこそ成しえた功績だろう。冒頭からエンドロールまで、料理の作業工程に合わせて流れるサンバ、ボサノヴァのナンバーが心地好く”美味しさ”を下拵えしている。

2つ目の功績は、主演のノア・シュナップ。NYブリックリンに暮らし、料理が大好きな12歳のピュアな心情、イスラエル人の母とパレスチナ人の父、それぞれの親族が諍う様子に心を傷め、それでも食べ物を前にすれば輝くような笑顔を見せる。表情豊かにエイブを全身で表現する姿は、ステレオタイプの米国少年を軽やかに乗り越えた魅力を放つ。
何しろ、エイブは自分の誕生日にも双方の家族に気を遣い、「イブラヒム」と「アブラハム」 「エイブ」名のトッピングをした3つのケーキを作らなくてはならないのだ。
「僕は”エイブ”が好きなんだけどな…」

そんなエイブが世界各地の味を掛け合わせたブラジル人シェフが作る「フュージョン料理」の自由さに心惹かれたのは自然の成り行きとして説得力を持つ。本作は様々な試練を経た後、料理の奥義に覚醒し、自分だけの「エイブ飯」「ブルックリン飯」を創造して行くグローイングアップ映画でもあるのだ。サービス精神旺盛なラテン系監督は、最後の最後まで観客の眼と耳に美味しい食感(触感)を残してくれる。(大瀧幸恵)



16050950002613.jpg

2019年製作/85分/PG12/アメリカ・ブラジル合作
配給:ポニーキャニオン
(C)2019 Spray Filmes S.A.
公式サイト:https://abe-movie.jp/
★2020年11月20日(金)から新宿シネマカリテほか全国で公開

滑走路

16050927676010.jpg

監督:大庭功睦
脚本:桑村さや香
原作:萩原慎一郎
主題歌:Sano ibuki
撮影:川野由加里
出演:水川あさみ(翠)、浅香航大(鷹野)、寄川歌太(学級委員長)、木下渓(天野)、池田優斗(裕翔)、吉村界人(雨宮)、染谷将太(明智)、水橋研二(拓己)、坂井真紀(陽子)

激務が続く毎日を送るうちに、仕事への理想を失い、無力感にさいなまれるようになった厚生労働省の若手官僚・鷹野(浅香航大)のもとにNPO団体が訪れ、非正規雇用が原因で自死したとされる人々のリストを渡して対応を求めてくる。リストに目を通した鷹野は、その中で自分と同じ25歳で自ら命を断ってしまった青年に興味を抱く。青年の死の背景を調べるうちに、彼は自分を含めた若い世代が抱えているさまざまな不安や葛藤、苦悩と向き合うことになる。

萩原慎一郎の短歌が好きだった。文語短歌から口語短歌に遷移していった後の短歌は取り分け心に沁みた。最も好きな歌がある。

生きているからこそうたうのだとおもう 地球という大きな舞台の上で

だからこそ、生を謳歌しているかの如き歌を詠んだ人が、32歳で自死したと知った時の衝撃は大きかった。なぜ絶ったのか、しかも初の歌集を入稿した後で…。答えは当事者にしか分からない。深追いはすまい。遺した歌を味わい、深部に埋めて行こう。そう思っていた。

本作は萩原慎一郎の最初にして最後の歌集「滑走路」から着想を得たオリジナルストーリーである。現実の生活に根差しながら、射程は誰しもが直面する実存や生の問題に及ぶ萩原の短歌がどのように映像として反映されるか?関心を抱いて観た。

苛め、恋、非正規雇用、過労、キャリア、自死、家族…。それぞれのモチーフがあしらわれた3つのドラマが挿入されて行く。青空、飛行音、夕景、川の和流、少女の絵、子どもの手の温もり。登場人物たちの背景を彩る映像は優しく美しい。辛い現実を描く中、横溢する死のイメージを拭うかのように、人々の心に寄り添った萩原の短歌と類似した機能をカメラが担っている。
観ているうち、失われる寂寥ではなく、継承される清々しさと未来への希望を感じ取っていることに気付く。

きみのため 用意されたる 滑走路 きみは翼を 手にすればいい

映画の締め括りに相応しい短歌を萩原は遺してくれた。(大瀧幸恵)


16050937798051.jpg

2020年製作/120分/PG12/日本
配給:KADOKAWA
(C)2020「滑走路」製作委員会
公式サイト:https://kassouro-movie.jp/
★2020年11月20日(金)より全国公開
posted by グランマゆきえ at 20:08Comment(0)日本

群衆 セルゲイ・ロズニツァ監督3選

16050744739880.jpg

セルゲイ・ロズニツァ監督ドキュメンタリー作3選が、とうとう日本で初上映される!カンヌ映画祭で2冠を獲り、近作10作品全て世界三大映画祭に選出されているのに、何故か今まで日本未公開だったウクライナの巨匠だ。予備知識なく初めてロズニツァ監督の作品に触れた時の感触を何と表現したらよいのか…。ニュース映像や記録映像を用い、説明は一切なく劇伴もナレーションもない。まさに観る者の感性に一任される”アーカイヴァル映画”なのだ。説明の不在を凌駕した剥き出しの説得力。提示される事実に向き合って貴方は何を感じるか。(大瀧幸恵)

『国葬』( 原題:State Funeral )
16050745504471.jpg

1953年3月5日、ウラジーミル・レーニンの死後長くソビエト連邦最高指導者の地位にあったヨシフ・スターリンの死が報じられた。国葬の模様は何百人ものカメラマンによって撮影され、映画『偉大なる別れ』として公開されるはずだったが、未公開のままお蔵入りになる。そのフィルムにはモスクワに安置されたスターリンの姿や、「国父」の死を悼む人々が収められていた。

スターリンの死がソ連全土に報じられた日の記録。ロズニツァ監督は、偶然発見された記録映像を1本の途轍もなく見応えのある映画に仕立て上げた。ここではスターリンの所業については何ら触れない。否定も肯定も為されない。ひたすら本物の「儀式」が鮮烈な世界像として浮き上がる。鳴り響く鐘の音、棺を運ぶ男たち、日にち毎に症状の変化を詳しく伝える新聞を読む人、祈りを捧げる人々の中には、様々な少数民族、日本人のような顔をした蒙古系の人々。場所は港町、工場、ウクライナ、キーロフ、モスクワと移り変わり、「その日」の全土の表情を映し出す。ロシア聖教の司祭たち。それにしても遺骸をスケッチする人々がこれ程いたとは!
無添加無加工フィルムの重さ、厚さを思い知らされた。(大瀧幸恵)


2019年製作/135分/オランダ・リトアニア合作
(C)ATOMS & VOID


『粛清裁判』( 原題:The Trial )
16050754655842.jpg

1930年、モスクワで8名の学者が、西側諸国と共謀してクーデターを計画したとして裁判にかけられる。ヨシフ・スターリンが見せしめのために行ったこの「産業党裁判」により、無実であるにもかかわらず、被告人たちは有罪判決を言い渡される。90年前のソ連で撮影された。

スターリンによる”見せしめ裁判”の全記録。個人的には3作のうちで最も打ちのめされた映画だ。1930年モスクワ最高裁判所。小走りに入場する人々、傍聴席は2階まで満席である。8人の有識者が西側諸国と結託し、クーデターを企てたという有りもしない罪状を捏造された事件。裁判の様子はソ連初期のトーキー映画『13日(「産業党」事件)』から。
とにかく観て欲しい!独裁政権が如何にして人を欺き、群衆を扇動したか、つぶさに分かる機会は滅多にない。だだっ広く冷たい法廷では、被告人は豆粒のように小さい。一部の被告人は弁明も弁護人を拒否する。「拘置所で考えた。自己弁護に意味ない」と…。被告側に技師が多いのは、経済や政治知識の訓練がされていないからだと分かった時の衝撃!大学教授ら学識者はマルクスについて熟知しているから反駁が可能なのだ。
時折り挟まれる民衆デモの風景が異様な熱気を孕む。「反革命分子に死を!」
被告人たちは皆、自由を剥奪され、全財産没収、全ての公民権も剥奪され、銃殺刑に至った。控訴の権利は与えられなかった。そもそも産業党などという党は存在せず、スターリンの指示で捏造していたのだ。ラストには検事総長や法務大臣など裁判に関わった人物たちの最期も明かされる。必見!(大瀧幸恵)


2018年製作/123分/オランダ・ロシア合作
(C)ATOMS & VOID


『アウステルリッツ』( 原題:Austerlitz)
16050761682883.jpg

第2次世界大戦中、ベルリン郊外にある強制収容所には、多くのユダヤ人たちが収容されていた。虐殺や飢え、病気や強制労働などによって命を落とした人々が、焼却炉で燃やされ灰になった場所であり、人類の負の遺産として残されている元強制収容所はいま、ダークツーリズムのスポットとして、多くの観光客が気軽に訪れる場所になっていた。

ロズニツァ3作の中で最初に観た作品。行き交う多くの人々、人種・聞こえてくる言語とも様々だ。画面はひたすらフィクスに固まったまま。メインゲート入口に掲げられた 「働けば自由になる」の看板を見て、やっと場所が理解できた。ここでもロズニツァは何ら説明もなく、ナレーション、劇伴は入れず、”ないない尽くし”の作風を貫く。
ベルリン郊外にあるザクセンハウゼン強制収容所跡地を「ダークツーリズム 」として訪れる人々。カメラの焦点は建造物にあり、人々を追わず見切れて行く。それによって彼の地で行われた行為が際立つ仕掛けだ。モノクロ画面から、建物内部に囚われたように映る観光客たち。ロズニツァの意図が明白な一本である。(大瀧幸恵)


2016年製作/94分/ドイツ
(C) Imperativ Film

3作とも
監督:セルゲイ・ロズニツァ
配給:サニーフィルム
公式サイト:https://www.sunny-film.com/sergeiloznitsa
★11月14日(土)~12月11日(金)、シアター・イメージフォーラムにて3作一挙公開