天空の結婚式 (原題:Puoi baciare lo sposo、英題: MY BIG GAY ITALIAN WEDDING)

16104576819550.jpg

監督・脚本: アレッサンドロ・ジェノヴェージ
出演:ディエゴ・アバタントゥオーノ(ロベルト)、モニカ・グェリトーレ(アンナ)、サルヴァトーレ・エスポジト(パオロ)、クリスティアーノ・カッカモ(アントニオ)、ディーノ・アッブレーシャ(ドナート)、ディアーナ・デル・ブッファロ(ベネデッタ)、ベアトリーチェ・アレーナ(カミッラ)、ロザリナ・ドゥルソ(ヴィンチェンツァ)、アントニオ・カターニア(フランチェスコ修道士)

ベルリンで生活しているアントニオは役者仲間で同性の恋人パオロにプロポーズし、二人は結婚を決意するが双方の親がどういう反応を見せるかが問題だった。パオロはゲイであることを告白して以来母親と確執を抱えており、アントニオはイタリアにいる両親にカミングアウトと結婚の承諾を得るため、パオロを連れて帰郷する。母は息子の決断を歓迎する一方で、村長を務める父は大反対し、アントニオの結婚をめぐり対立した両親は離婚危機に陥ってしまう。

お腹を抱えて爆笑し、展開の妙に心底感心できて最後まで楽しめるイタリア映画は久々だ。見終われば誰もが幸せになり、鬱々としたコロナ気分は吹っ飛ぶかもしれない!全編が巧まざるユーモアに包まれ、伏線の回収も見事なもの。流石にNYオフ・ブロードウェイでのヒット舞台劇。脚本が練りに練られている。でも、タイトルにもなっている「天空の村」の奇跡のような眺望を堪能できるのは映画ならではの醍醐味。この世に天界が在るとは〜!

冒頭、若かりし頃のヒュー・グラント?と見紛う程のイケメンが、カメラに愛を語りかける。「君と出逢った瞬間を忘れないよ。人生を共にするのはこの人だと直感した」
カフェ、プール、バースデーケーキなどなど2人の想い出のショットが独白と共に遷移して行く。
「この指輪を受け取ってくれ」
差し出した相手へカメラが切り替わると…。先ず爆笑。

以降、蒼白な色調のベルリンから、陽光の射すイタリア、チヴィタ・ディ・バニョレージョへと舞台は移って行く。先の展開が読めない状況で、観客は笑いの船に乗り、登場人物と共に作品世界を心地好く遊泳するのだ。細かく伏線が散りばめられているので、コメディ場面もお見逃しないように。
ネタばれなしで面白さをお伝えするのは難しいが、ラストの大団円では一緒に歌い踊りたくなること請け合い。イタリア史跡の中を、教会の前で、よくぞカメラが縦横無尽に動き回る楽しいシーンを撮れたものだと感心する。薔薇に覆われたバルコニー、復活祭のリアルさ、美味しそうな食事とワイン、といったイタリアらしい映像も観光気分を味わえる。
映画の始原の力を感じさせるコメディの傑作。新年必見の1作かも?
(大瀧幸恵)


16104578293301.jpg

2018年製作/90分/G/イタリア∕カラー/シネマスコープ/5.1ch
配給:ミモザフィルムズ
後援:イタリア大使館、イタリア文化会館
提供:日本イタリア映画社
製作会社:Colorado Film
協力:Medusa Film
(C)Copyright 2017 Colorado Film Production C.F.P. Srl
公式サイト :http://tenkuwedding-movie.com/
★2021 年 1 月 22 日(金)より、YEBISU GARDEN CINEMA、新宿シネマカリテ他にて全国順次公開
posted by グランマゆきえ at 22:24Comment(0)イタリア

どん底作家の人生に幸あれ! (原題:The Personal History of David Copperfield)

16104542776920.jpg

監督:アーマンド・イアヌッチ『スターリンの葬送狂騒曲』
原作:「デイヴィッド・コパフィールド」チャールズ・ディケンズ著(新潮文庫刊、岩波文庫刊)
出演:デヴ・パテル『LION/ライオン ~25 年目のただいま~』/ピーター・キャパルディ『パディ
ントン』ヒュー・ローリー『トゥモローランド』/ティルダ・スウィントン『サスペリア』
ベン・ウィショー『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』

優しい母と家政婦と共に幸せに暮らしていたデイヴィッドは、母の再婚相手によって都会の工場に売り飛ばされてしまう。過酷な労働に明け暮れる中、最愛の母が亡くなり独りぼっちになったデイヴィッド(デヴ・パテル)は、やがて唯一の肉親である変わり者の伯母(ティルダ・スウィントン)に引き取られる。伯母の助けで進学した上流階級の名門校を卒業後、恋に落ち、法律事務所に職を得てようやく幸せをつかみかけた矢先、事態が暗転する。

2020年は英国作家チャールズ・ディケンズの没後150年だったそうだ。これまでに6回も映画化・TVドラマ化されているディケンズの半自伝的小説「デイビッド・コパフィールド」を皮肉屋、独創家、ブラックユーモア派のアーマンド・イアヌッチ監督が描くと…、もうカオス状態の面白さ!これだけ自由に翻案されたら、流石のディケンズもぼう然とするに違いない。
何しろ、肌の色は多様性を通り越して混沌?「えっ?どうしてあの親からこの子が?」などと引っ掛かっていたら、話にどんどん追い越されてしまう。観客はイアヌッチ監督が構築した世界を全部受け入れ、付いていくしかないのだ。忙しい忙しい!

ジェットコースターのようにハイ・アンド・ロウを繰り返すデイヴィッド(劇中では殆ど別の名で呼ばれ、まともに”デイヴィッド”になることはない)の人生。翻案といっても、現代風にカリカチュアライズされた描き方ではなく、至極、真面目に1850年代 のヴィクトリア朝が活写される。デイヴィッドが生まれた家のロケ地ノースフォークは、あくまで温かく、陽光が射す緑豊かな庭園と落ち着いた佇まいの屋敷である。

少年から青年へと過酷な成長期を過ごす瓶詰め工場は、東ロンドン。コテコテの工場地帯の匂いや空気まで漂って来る。
サフォーク州ベリー・セント・エドマンズには、今でも在る大きな馬車宿で撮影された。船を逆さにした家が建ち、デイヴィッドに大きな精神的影響を与えるドーヴァーの浜辺では、見たこともない美術造形が構築され、これも見どころだ。
何れの場所も、登場人物たちの衣装や家具調度品の質感が優れており、目を奪う。人口なのか自然光なのか判別のつかないライティングが施された映像も美しい。細部の入念なディテール描写が、単なる”おふざけ”映画ではないクオリティを示しているところが、イアヌッチ監督らしい拘りだ。

主演級の俳優を集結させただけあって、演者陣の人物造形ぶりは個性という陳腐な言葉では表す術がないほど。”世界一俳優の層が厚い国”英国だけに、濃厚演技を贅沢に味わうことができる。英国好きには楽しめる要素が満載だろう。(大瀧幸恵)


16104543401671.jpg

2019 年/イギリス・アメリカ/シネスコ/5.1ch デジタル/120 分/
配給:ギャガ
公式サイト:gaga.ne.jp/donzokosakka
(c)2019 Dickensian Pictures, LLC and Channel Four Television Corporation
★2021 年 1 月 22 日(金)より、TOHO シネマズ シャンテ、シネマカリテ 他にて全国順次公開

ジャスト 6.5 闘いの証 (原題:Just 6.5)

16102895717282.jpg

監督・脚本:サイード・ルスタイ
出演: ペイマン・モアディ、 ナヴィッド・モハマドザデー、 ファルハド・アスラニ、 パリナーズ・イザドヤール

街にあふれる薬物依存者の多くはホームレス。薬物撲滅警察特別チームの一員であるサマドは、薬物売人の頂点に立つ大物ナセル・ハグザドを追っている。あの手この手の操作を繰り返したあげく、ついにナセルを彼のペントハウスに追い詰め刑務所に収監する。しかしそれは、ほんの始まりに過ぎなかった。

本作と『ウォーデン 消えた死刑囚』は、¨イラン2大傑作犯罪映画¨と銘打ち、同時公開される。それにしても、自国の暗部を剥き出しにした作品が、喜劇を除いたイラン映画史上最大のヒット作とは驚く。イランの人々は社会派の映画を好むのだろうか?もちろん本作は多くの観客を惹き付ける娯楽性も十二分に持ち合わせている。冒頭から疾風怒濤、フルスロットルのチェイスシーンに先ず度肝を抜かれた。影で映った対象が次第に実相となり、角角を曲がってフェンスを飛び越える。縦横無尽に 躍動するカメラ。 土を巻き上げるトラクター。追いつ追われつなどという表現が陳腐に思える程の疾走感を見せた後で、やっとタイトル…。

と、今度は主要キャストの超絶早口マシンガントークによる台詞の応酬合戦が始まる。警察官同士の口論、指揮を執る口上。ドラッグディーラー、運び屋、家族、関係者などに対しては、反論の隙も与えない激しい尋問。相手が女だろうがお構いなし。
「亭主は何処だ?!嘘をつくな!」「お前が花嫁になる夢を打ち砕いてやるぞ!」
一気呵成にまくし立てる迫力の恐ろしさに震え上がってしまう。
これは警察視点によるリアル捕物帖なのか?と思いながら観ていくと、途中から主客が入れ替わる。中盤から大物売人の視点となるに連れ、更に臨場感を増幅しつつ血潮漲る熱いドラマが立ち上がるのだ。

犯罪ものの域を凌駕したスケール感、映画に強いフィジカルを帯びさせたサイード・ルスタイ監督は、撮影当時30歳。これが2作目だという。作家性、娯楽性、社会性、豊かな表現力を伴った有望株が世界へ向けて高らかに発信した渾身作。ジャンルの枷を飛び越え、膂力を感じさせる必見のイラン映画である。(大瀧幸恵)


16102896321843.jpg

2019 年∕ 131 分∕ 1.85:1∕イラン
配給:オンリー・ハーツ
後援:駐日イラン大使館文化参事室
©Iranian Independents
公式サイト:http://just6.5andwarden.onlyhearts.co.jp/
★2021年1月16日(土)より、新宿K’s cinema 他にて公開
posted by グランマゆきえ at 23:36Comment(0)イラン