アウトポスト (原題:THE OUTPOST)

16145700681830.jpg

監督:ロッド・ルーリー
脚本:エリック・ジョンソン、ポール・タマシー
撮影:ロレンツォ・セナトーレ
編集:マイケル・ドューシー
音楽:ラリー・グループ
出演:スコット・イーストウッド、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、オーランド・ブルーム、ジャック・ケシー、マイロ・ギブソン

アフガニスタン北東部にあるアメリカ軍のキーティング前哨基地は補給経路の要とされていたが、四方を山に囲まれた谷底に位置し、標的にされやすい弱点があった。タリバンの襲撃の度に誰かが命を落とす過酷な環境の中、同基地に派遣されてきたロメシャ2等軍曹らは、圧倒的多数の敵に囲まれる不安と戦いながら任務に当たっていた。2009年10月3日早朝、300人以上のタリバン戦闘員が総攻撃を仕掛けてきて、わずか50人ほどのアメリカ兵は絶体絶命の危機に陥る。

米国発のミリタリー・アクションものには一定の先入観があった。国粋主義映画か、作り手の快楽が加味された無為な暴力描写か、派手な仕掛けの軍事ヲタク向けか、偽善主義?…。米国視点であることは揺るぎないが、本作は上記の何れにも該当しなかった。戦争によって奪われた若い生命への鎮魂歌。感傷を排した泥臭い演出に好感が持てる。ノンフィクション小説に基付いた実話であり、登場人物たちも全て実名で紹介される。

2009年、タリバンの本拠地であるアフガニスタン。絶望的に不利な状況下に於いて、54人の兵士たちが如何にして300人超のタリバン戦闘員に立ち向かったか。アフガニスタンで最悪の戦闘と言われたヒンドゥークシュ山脈のキーティング前哨基地(アウトポスト)は、四方を険しい岩山に囲まれた谷底だ。包囲されれば格好の的となる。国の愚かな軍事的意思決定を本作はイデオロギーは語らず、映像面から批判している。

冒頭、人物紹介風に始まる機内での会話から、スラングが多発する台詞には、ベトナム戦争を描いた『プラトーン』の場面を想起させるリアリティだ。夜半、到着した兵舎内をカメラは舐めるようにワンカットで”説明”してみせる。
「こんな岩だらけのとこで死ぬのかよ」「ブラックコメディだぜ」
「お前、チャック・ノリスと寝るんだろ?」「死にたくねぇ!」
「F」の頭文字が付かない台詞はない。
そんな軽口を叩いている側から、 攻撃・発砲を受ける。軽口〜攻撃、兵士の怪我や死…。映画はその連続を無限ループのように繰り返す。ここではそれが日常なのだ。
やれ、装填弾が違うと口論になる。「撃たれそうになったじゃねぇか!」
各々が自由に不規則発言し、仲間割れも起こる。
「戦闘中の口論は禁止だ」とオーランド・ブルーム扮する年嵩の大尉から注意勧告を受ける兵士。

後から分かることだが、その大尉でさえ27歳。多くの兵士は21歳の若さで散って行った。戦闘後、基地の脆弱性が露呈し、多くが閉鎖されたという。 アフガニスタン史上最多の叙勲者を出した事実など、兵士にとってはどうでもよいことだろう。戦場では生き抜くこと、後世に伝える行為こそが正義なのか、と問いかけているようだ。
(大瀧幸恵)


16145701231601.jpg

2020年/アメリカ/カラー/123分/シネマスコープ/英語ほか/5.1ch
配給:クロックワークス
(C)2020 OUTPOST PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:https://klockworx-v.com/outpost/
★2021年3月12日(金)より、新宿バルト9ほか全国公開
posted by グランマゆきえ at 20:02Comment(0)アメリカ

ビバリウム (原題:Vivarium)

16140788673242.jpg

監督 :ロルカン・フィネガン
製作:ブレンダン・マッカーシー、ジョン・マクドネル
脚本:ギャレット・シャンリー
出演:ジェシー・アイゼンバーグ(トム)、イモージェン・プーツ(ジェマ)、ジョナサン・アリス(マーティン)、セナン・ジェニングス(少年)、アイナ・ハードウィック(青年)

トム(ジェシー・アイゼンバーグ)とジェマ(イモージェン・プーツ)は、不動産業者に寸分違わず同じ作りの家が並ぶ住宅地を案内される。彼らが家の中をひと通り見学して帰ろうとすると、ついさっきまで一緒にいた不動産業者の姿はなく、二人は奇妙に思いながらも車を走らせる。しかしどこまで行っても同じ風景が続くばかりだった。さらに赤ん坊がダンボールで送られてくる。

タイトルの「ビバリウム」とは、”生物の飼育、展示用の容器”といった意。監督のロルカン・フィネガンは、人間を収容する”家”に強い関心を持っているようだ。未公開の短編、初長編作とも本作のテーマの前哨となっている旨を自ら語っている。勅使河原宏の『砂の女』にインスパイアされたという点も興味深い。足を踏み入れたら元に戻れないと知らず、静かに浸潤して行く不安、恐怖…。やがて迎える精神の崩壊。まさに『砂の女』と通底したテーマである。

更なる主題は「代理親」。冒頭で示されるカッコーの生態に象徴される。カッコーは他の鳥の巣に卵を産み付け孵化させる習性がある。新居を探す若いカップルのトムとジェマは、与えられた”巣”の中で代理親の役目を担わされるわけだ。
この第二の主題で想起するのは、2度に渡り映画化された英国人SF作家ジョン・ウィンダムの小説「呪われた村」。ロンドン近郊にある村の住民全員が一定時間に意識を失った後、村中の妊娠可能な女たちが一斉に出産する。子どもたちは何れも異常に発育が早く、金髪と金色に光る眼を持っていた。個人的には'95年製作のジョン・カーペンター監督『光る眼』より、モノクロ画像が鮮烈だったウルフ・リラ監督『未知空間の恐怖・光る眼』(1960)のほうが、静かなる侵略の恐怖を炙り出しのように伝え、印象深い。ハヤカワ文庫の手触りと、モノクロの荒い映像がリアルな感触を喚起させたのかもしれない。

「呪われた村」の原題は「ミドウィッチ村のカッコー」だ。フィネガン監督の直接的な言及はないが、カッコーの習性を活かした「代理親」のモチーフに影響を与えたことは間違いないだろう。脚本のギャレット・シャンリーは、フィネガン監督と同じアイルランドのダブリン出身。何度もタッグを組んだ2人の集大成ともいえる本作は、登場人物に”人間味”を与えている。

ジェマは小学校教員として温かな母性を発出し、トムは脂臭い汗を感じさせる労働者だ。2人が迷い込む住宅地には雨が降らず風は吹かない。匂いや湿気もない。自然現象は一切ない無菌の空間であることを前提にした巧みな設定だ。ルネ・マグリットの絵画を連想させるシュールレアリスティックな美術セットが秀逸!
粛々と省略を伴いつつ、事態の展開を突き付ける抑制的話法が、観客に緊張感を強い、作品を弛緩から救っている。
(大瀧幸恵)



16140787327221.jpg

2019年製作/98分/R15+/ベルギー・デンマーク・アイルランド合作
配給:パルコ
(C) Fantastic Films Ltd / Frakas Productions SPRL / Pingpong Film
公式サイト:https://vivarium.jp/
★2021年3月12日(金)より、TOHOシネマズシャンテほか全国公開

ワン・モア・ライフ (原題:Momenti di trascurabile felicità/英題:Ordinary Happiness)

16140789963623.jpg

監督・脚本:ダニエーレ・ルケッティ『ローマ法王になる日まで』
脚本:フランチェスコ・ピッコロ
原作:『モメンティ ディ トラスクラビレ フェリチタ(取るに足らない幸せの瞬間)』
出演:ピエールフランチェスコ・ディリベルト、トニー・エドゥアルト、レナート・カルペンティエーリ、アンジェリカ・アッレルッツォ、フランチェスコ・ジャンマンコ、ヴィンチェンツォ・フェッレーラ、フランツ・サント・カンタルーポ、マンフレディ・パンニッツォ

シチリア島のパレルモに暮らす中年男パオロは、交通事故に遭遇し天国の入口に着く。あまりにも短い寿命に納得できず猛抗議すると、計算ミスが判明し寿命が延長され、92分間だけ地上に戻れることになる。これまでいいかげんに生きてきた自身を猛省したパオロは、人生に後悔を残さないために家族との関係を改善することを誓う。

イタリア喜劇の系譜は硬派な監督にも受け継がれていた!ローマ教皇フランシスコの半生を力強く描いた 『ローマ法王になる日まで』の ダニエーレ・ルケッティが脚本(共同)と監督を務める。アルゼンチンの近代史とも言えるほど政治的な背景と国家の軋みを表出した重厚な作品の監督が、母国ではこんな軽みの陽気なカンツォーネも流れる映画を著していたとは…。イタリア映画界の懐は深い。

シチリア島のパレルモが撮影地。映画ファンにとってはヴィスコンティ監督作『山猫』の舞台として記憶に焼き付いているだろう。或いは、マフィア組織コーザ・ノストラが牛耳った抗争の街?今や陽光の差す港や美しい砂浜、歴史を感じさせる石畳の路地、新鮮な地中海シーフードなどで人気のリゾート地となっているパレルモ。
冒頭から紺碧の空、真っ青な海を背景に流れるスキャットのバラードが心地好い。全体を通し、音響デザインの良さが本作に魅力的なアクセントを添えている。赤信号の交差点をスクーターで巧みにすり抜ける技を早口で得意気に独白するパオロ。活写されるパレルモの街並みは活き活きと息づき快調そのものだ。
アッという間に天国へ…召される瞬間、過ぎる思い出は愛する妻子ではなく、ガソリンスタンドや電車内のハンマー、愛人の意味深発言などなど…。どうなってるの?この男…。

パオロを演じるのは、パレルモ出身のフランチェスコ・ディリベルト。テレビの世界で司会者や放送作家をこなし、映画監督でもあるイタリアの人気俳優だ。妻のママ友に手を出したり、しょうもないダメオヤジなのに何故か憎めない。ルケッティ監督が「当て書きした」と語るのも納得のはまり役。
番号待ちとなっている天国の入口や、抗議するパオロの”理由”が笑える。審判を下す門(?)の意匠がルネッサンス風の質感を齎しているところは流石にイタリアだ。
ワンモアチャンスを与えられたダメオヤジの92分一本勝負を楽しめる。
(大瀧幸恵)


16140790586364.jpg

2019年/イタリア/94分/シネスコ/5.1ch/言語:イタリア語
後援:イタリア大使館、イタリア文化会館(ロゴデータあり)
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム
© Copyright 2019 I.B.C. Movie
公式サイト:http://one-more-life.jp
★2021年3月12日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開
posted by グランマゆきえ at 18:05Comment(0)イタリア