世界で一番しあわせな食堂 (英題:MASTER CHENG)

16128780692872.jpg

監督・共同脚本・製作:ミカ・カウリスマキ
脚本:ハンヌ・オラヴィスト
共同脚本:サミ・ケスキ=ヴァハラ
出演:アンナ=マイヤ・トゥオッコ(シルカ)、チュー・パクホン(チェン)、ルーカス・スアン(ニュニョ)、ヴェサ=マッティ・ロイリ(ヴィルプラ)、カリ・ヴァーナネン(ロンパイネン)

フィンランド北部の田舎に中国・上海からやってきた料理人のチェンとその息子。彼らは恩人を捜してフィンランドまで来たのだった。しかし恩人を知る者はなく、食堂を営むシルカはチェンがそこで働くことと引き換えに恩人探しに協力することを約束。人々は見慣れない料理に戸惑うが、口にしてみるとそのおいしさを認め、食堂は評判に。常連客とも仲良くなっていくチェンだったが、帰国の日が刻一刻と迫ってくる。

フィンランド映画界が誇る監督兄弟の兄、ミカ・カウリスマキは寡作でマイペースな姿勢を崩さないところが好もしい。ブラジル、南欧など海外生活が長かったミカ。本作の舞台は母国フィンランド北部・ラップランド地方の小さな村だ。冒頭に映し出される静けさを湛えた湖、バスが走り去った後に覗き見えるラップランドの夏景色。その爽やかさと澄み切った空気の混ざり合う映像が、人々の心を開く窓となることを予兆するようだ。

上海からふらりと現れた「恩人を探しに来た」中国人の父子。心許ない2人を受け容れる善意の人々。異文化融合の媒介となるのは「食」だ。最初は中国人シェフ・チェンの作る中華料理を見ても、
「なんだ、この汁の中のデロデロした麺とやらは。こんなものゲイしか食べんぞ」
などと悪態をつく偏見と保守の塊だったような馴染客のおじいちゃんたち。”医食同源”効果を実感すると、介護施設の老人たちを引き連れては、
「医者から奇跡だと言われたぞぉ!血圧が下がったし、ヤツは胆石が出た。あいつは便秘改善したんだ」
ちゃっかり態度豹変(笑)
おまけに、チェンを拉致して(?)筏舟に乗せ、どこへ行くかと思ったら、サウナで裸の付き合い。冷たい湖の全裸泳ぎも、おじいちゃんたち流の飾らないおもてなしなのだ。筏舟で奏られるラップランドの唄が味わい深い。穏やかな旋律が透明度の高い湖に響き渡る。哀切を帯びたメロディはどことなく日本の歌謡曲にも似て、不思議な懐かしさを醸し出す。

「映画の舞台にラップランドを選んだのは、そこが視覚的に美しく エキゾチックなだけでなく、素朴でオープンな場所だからだ」とミカは語っている。極北の地ゆえ疎らだが、流れる空気を差し出してくれそうな風情でそよぐ素朴な草花。地元の自然の恵み、トナカイや魚といった素材を活かし、チェンは調理する。
「異なる文化を持つ人の出会いと、架け橋となる料理を描きたかった」ミカ監督。
捻りはなく予定調和的だが、誰もが共振出来る普遍性を備えた脚本はミカらしい。”薬膳万能”説や、中国を礼賛し過ぎな点も気になる。製作・出資国だから仕方ないか…。そんな向き合い方もミカらしくて佳いかも?
(大瀧幸恵)


16128781283333.jpg

2019∕ フィンランド/イギリス/中国∕カラー/シネマスコープ/5.1ch∕114分
配給:ギャガ
(C) Marianna Films
公式サイト:https://gaga.ne.jp/shiawaseshokudo/
★2021年2月19日(金)より、新宿ピカデリー、渋谷シネクイントほか全国公開

ある人質 生還までの398日 (英題:DANIEL)

16128762550790.jpg

監督:ニールス・アルデン・オプレヴ
共同監督:アンダース・W・ベアテルセン
脚本:アナス・トマス・イェンセン
撮影監督:エリック・クレス
美術:ニルケ・メデルング
出演:エスベン・スメド(ダニエル・リュー)、トビー・ケベル(ジェームズ・フォーリー)、アナス・W・ベアテルセン(アートゥア)、ソフィー・トルプ(アニタ)、クリスティアン・ギェレルプ・コッホ(スサネ)

デンマーク人写真家のダニエル・リュー(エスベン・スメド)は、戦時下の日常を世界に伝えるため内戦中のシリアを訪れるが、突如過激派組織ISに拘束されてしまう。彼の拘束を知った家族は人質救出の専門家に協力を依頼するも、デンマーク政府はテロリストと交渉しない方針を取り、家族はISが要求する身代金の調達に苦慮する。一方、人質として恐怖と不安に苛まれるダニエルやほかの人質のもとにアメリカ人ジャーナリストのジェームズ・フォーリー(トビー・ケベル)が加わり、彼とダニエルは友情を育む。

実在の人物ダニエル・リューに扮したデンマーク人俳優エスベン・スメドは語る。
「自分の身体と約東したんです。 映画を作っている間は僕らは他人同士だって」
398日間に及ぶ激しい飢え、恐怖、 屈辱、凄まじい拷間、人間の尊厳を失わせる心理的暴力が繰り返され、自殺未遂に追い込まれる役を演じるに当たっての覚悟である。
「映像デザインには、最大限のリアリズムと信憑性が欠かせません」
と言う世界的ヒット作『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』で知られ、デンマーク映画界を担うニールス・アルデン・オプレヴ監督と、スメドの言葉には本作の成功要因が凝縮されているかのようだ。
スメドを含むキャスト陣全員が、躍動する魂を刻み、渾身の力で「役を生きて」いる。観客は俳優が¨演じている¨ことを忘れ、映画世界に没入する。溢れる涙を拭う時、映画の中の現実から解放される。

血潮漲る熱いドラマを可能にしたのは、オプレヴ監督の卓越した撮影話法だ。資料映像は殆ど使わず、シリアに近い環境のヨルダンで切りとった砂塵舞う大地。細密に再現した収容所。遠景はマスターショットを用い、逃走や移動シーンでは手持ちカメラやステディカムで臨場感を生み出す。が、決して¨荒れた¨映像ではない。冒頭のデンマークでの場面が浅いフォーカスから始まったように、終始落ち着きと品格を漂わせている。
にも関わらず、ドキュメンタリーを観たような印象が残るのは、オプレヴ監督の言葉通り、徹底したリアリズムと信憑性のなせる技なのだ。

シ リアにいるダニエル、 デンマークの家族たち、コペンハーゲンの恋人、外務省、キリスに滞在する交渉人…。目まぐるしく遷移する各所と、そこに生きる人々の心情をテンポ良く描出した脚本家アナス・トマス・イェンセンの功績は大きい。
ダニエルの家族は、無力さという精神的拷問、そしてジレンマに晒される。身代金の要求は日本円にして約2億8500万円。デンマーク政府は、テロ組織とは交渉しないとの姿勢を崩さない。知人や企業に募金を募るも、「気の毒だが、募金に協力したらテロ組織を金銭的に支援することになる」と断られる。
イェンセンの脚本は、ここで最も心を動かす場面を用意した。
「珈琲代くらい払うお金はあるわ」
ダニエルの母が、親としての強い矜恃を見せるのだ。

もう一つは、収容所にいる米国人記者ジェームズ(英国俳優トビー・ケベルが好演)がダニエルに別れを告げるシーン。
「憎悪に負けるな。勝つのは愛しかない」
シリアにとって最大敵国の米国人である自分の運命を悟りながら、常に前向きな姿勢で収容所に明るさを灯すジェームズの言葉は重く響く。
¨ビートルズ¨と呼ばれる惨い拷問を行った4人のISが、英国育ちだったこと。看守や処刑人の多くがダニエルを含む西欧の人質たちと故郷を同じくする西欧出身の若者たちだった事実を知り、宗教、民族、愛と憎悪の定義について考え込まされた。あらゆる世代に薦めたい傑作である。
(大瀧幸恵)


16128763255311.jpg

2019∕カラー/シネマスコープ/5.1ch∕ 138分
製作:デンマーク/スウェーデン/ノルウェー
配給:ハピネット
配給協力:ギグリーボックス
後援:デンマーク王国大使館
公式サイト :http://398-movie.jp/
(C) TOOLBOX FILM / FILM I VAST / CINENIC FILM / HUMMELFILM 2019
★2021年2月19日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、角川シネマ有楽町ほか全国公開

あの頃。

16128743343310.jpg

監督:今泉力哉
脚本:冨永昌敬
原作:劔 樹人 「あの頃。男子かしまし物語」発売:イースト・プレス
撮影監督:岩永洋
出演:松坂桃李、 仲野太賀、 山中崇、 若葉竜也、 芹澤興人、 コカドケンタロウ

大学院受験に落ち、恋人もおらず、金もない劔(松坂桃李)。どん底の生活を送る中、松浦亜弥の「桃色片想い」のミュージックビデオを目にしたのがきっかけで、ハロー!プロジェクトのアイドルたちの熱狂的なファンになりオタ活に没頭する。藤本美貴推しで、プライドが高くてひねくれたコズミン(仲野太賀)をはじめとするオタク仲間と「恋愛研究会。」を結成し、トークイベントやライブの開催、学園祭でのアイドルの啓蒙活動に励む劔。だが仲間たちは、アイドルよりも大切なものを見つけて散り散りになっていく。

原作者と同じなのだろうけれど、主人公の劔が松浦亜弥推しであることが興味深い。典型的なアイドル歌手ながら、実は松浦亜弥の持ち歌は難曲ばかりだった。急な転調、低音から高音へ。広い音域と安定した声帯を備えていなければ歌いこなせない。それを見込んだ、つんく♂が作る楽曲を易々と歌いながら、振りまで踊る松浦亜弥は”実力派歌手”だったのだ。

劇中でも、「歌良し、器量良し、性格も良し!」と紹介される完成形アイドル松浦亜弥。劔が握手会に向かうシーンは本作のハイライトだ。通路、階段を一歩一歩踏みしめた先に、眩い光に覆われた松浦亜弥がいる。顔のそばで両掌を見せる振り方、小首の傾げ方、顔やヘアスタイルまで…えっ?そっくり!一瞬…AI松浦亜弥?!と思ったら、BEYOOOOONDS の山﨑夢羽が扮していた。メイクやスタイリングの力も然ることながら、旬のアイドルのみが放つキラキラ感、正統派ハロプロの系譜を受け継ぐBEYOOOOONDS 山﨑夢羽の登場場面は衝撃だった。

ちなみに、松浦亜弥は松阪桃李が通った中学の2年先輩だという。「遠目から見ていました。スターってこういう輝きをする人なんだろうな、と。本当に歩く度にキラキラした残り香が残っていく感じでした」と松坂桃李は当時を振り返っている。

思えば、モーニング娘。を含むハロプロアイドルたちが絶大な人気を集めていたゼロ年代の”あの頃”は、日本が長い不況に喘いでいた時代だった。生まれてからずっと不況と言われ続けた若者世代だけでなく、おじさん、おばさんたちも、「景気回復!ウォウォウ〜♪」と歌い踊るアイドルたちに励まされていたのだ。

現在から”あの頃”を振り返る展開である本作は、観客それぞれの”あの頃”を想起させてくれるだろう。今泉力哉監督演出は、自身はヲタクに惑溺せず、一歩退いた視座を維持しつつ”ヲタ活”する仲間たちを楽しげに映し撮る。今泉監督は群像劇に於ける個性の描き分けが上手い。藤本美貴推しで毒舌のコズミン(仲野太賀)、石川梨華推し、リーダー的立ち位置のロビ(山中崇)、ヲタグッズ制作担当、後藤真希推しの西野(若葉竜也)、正統派大阪弁でハロプロ全般推しのイトウ(コカドケンタロウ)、楽曲解析派のCD店員ナカウチ(芹澤興人)。何れの役柄にも均等に愛が注がれている。

当時のポスターやCD、ハチマキ、団扇、Tシャツといったハロプログッズを揃えるなど、細部のディテールに凝ったスタッフワークが、”あの頃”の空気感を再現し、俳優陣の演技を下支えしている点も見逃せない。
中心に据えたのは松坂桃李だが、ある意味狂言回し的役割。映画を牽引し、唯一”あの頃”を振り返ることができない無念を演じきった仲野太賀が最も鮮烈な印象を残した。実質上の主人公は仲野太賀かもしれない。
(大瀧幸恵)


16128744262221.jpg

松坂桃李主演『あの頃。』公開直前イベント @2月3日フミの日 シネジャの報告記事はこちら!
2020 年/カラー/ヨーロピアンビスタ/5.1ch/117 分∕G
©2020『あの頃。』製作委員会
製作幹事・配給:ファントム・フィルム
公式サイト:https://phantom-film.com/anokoro/
★2021.2.19(金)より、TOHO シネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
posted by グランマゆきえ at 21:41Comment(0)日本