43年後のアイ・ラヴ・ユー (原題:Remember Me)

16100174285720.jpg

監督・脚本:マーティン・ロセテ
出演:ブルース・ダーン、カロリーヌ・シロル、ブライアン・コックス

妻が他界してから親友シェーン(ブライアン・コックス)と老後の生活を楽しんでいた70歳の元演劇評論家クロード(ブルース・ダーン)は、元恋人で舞台女優のリリィがアルツハイマー病で介護施設に入ったことを知る。もう一度彼女に会いたいと考えたクロードは、自分もアルツハイマー病のふりをして同じ施設に入所。シェーンの協力を得てリリィと念願の再会を果たすも、彼女の記憶からクロードの存在は完全に失われていた。

先日ご紹介した『ハッピー・バースデー 家族のいる時間』では、シャンソンが齎す魅力について語った。本作では米国映画らしく、ガーシュインの楽曲が同様な効果を発揮している。やはり、シアトリカルな広がりを持ったガーシュインが奏でられる時、時代は一気に43年前へと遡る。シェイクスピアの「冬物語」を演じた佳人、ニューヨークとパリでの甘い想い出、萌芽な薫りを放つ百合の花々…。これらの馨しい小道具が相乗し、愛する人の記憶を呼び戻す装置となる。ロマンチックな展開だ。

70歳を過ぎた元演劇評論家が主人公だが、有り体の老人映画ではない。暮らしているロスアンゼルスの暖かい陽光と同じく、明るいユーモアに満ちた¨初々しい¨ラブストーリーである。大方の注目は、名優ブルース・ダーンの演技と存在感に集まっているようだ。確かに、思い出の手紙や写真を見ては笑みを浮かべ、「心から愛していたよ、本当に…今でもね」と呟く男は、未だ色香褪せないハリウッドスターならではの深度に達している。

個人的に心惹かれたのは、元恋人役に扮したカロリーヌ・シオルのほうだった。柔らかいシフォンの花柄ワンピースを纏い、緩いウェーブのかかった金髪が顔を覆う。青い瞳はイノセントな少女のように空を見つめている。全身を包むエレガントさ、フェミニンな空気は仏女優のシオルでなければ表現し得なかっただろう。アルツハイマー病に罹患していても恋人の夢を壊さない、愛すべき存在を力まずに造形している。
ちなみに、マリオン・コティヤールがピアフを演じた『エディット・ピアフ~愛の賛歌~』で、マレーネ・ディートリヒに扮したカッコいい女優はシオルである。

監督はスペイン出身の40歳、マーティン・ロセテ。脇役にペドロ・アルモドバル作品の常連女優ヴェロニカ・フォルケや、『ラブ・アクチュアリー』でコリン・ファースの恋人役だった英国女優シエンナ・ギロリーといった¨ハリウッド色に染まらない¨実力派を配したことも、本作が新鮮さを保つ点に貢献した。(大瀧幸恵)


16100174935731.jpg

2019年製作/89分/G/スペイン・アメリカ・フランス合作
配給・宣伝:松竹
(C)2019 CREATE ENTERTAINMENT, LAZONA, KAMEL FILMS, TORNADO FILMS AIE, FCOMME FILM . All rights reserved.
公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/43love
★2021年1月15日(金)より、新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開

この記事へのコメント