ウォーデン 消えた死刑囚 (原題:The Warden)

16102885787080.jpg

監督・脚本:ニマ・ジャウィディ
出演:ナヴィッド・モハマドザデー、 パリナーズ・イザドヤール

1966 年、イスラム革命前のイラン南部にある刑務所。新空港建設のため立ち退くことになり、所長のヤヘド少佐は、囚人たちを新しい刑務所へ移送する任務を背負うことになった。無事、任務を果たせば大きな出世を約束されており、それは彼にとって難しいことではないと思われた。ところが一人の死刑囚が行方不明との報告が届く。所外への脱走はあり得ないと判断した少佐は所内の徹底した捜索を決意する。事情を聴くために死刑囚を担当していたソーシャルワーカーを呼び寄せるが、美しく聡明な彼女に以前から少佐は惹かれていた。正義とは何か、良心とは? キャリアだけを追いかけてきた少佐はおそらく初めてその問いに直面する。

7年前、ニマ・ジャウィディ監督の長編デビュー作『メルボルン』が東京国際映画祭で上映された際、監督に取材する機会を得た。ある場面について、どうやって撮ったのか?質問したところ、
「それは、ヒミツ!」
とイタズラっぽく答えた後のチャーミングな笑顔が忘れられない。
本作を含め、2本を観た限りでは構築的な作品を撮る印象がある。そして、不穏な空気の醸成も巧みだ。冒頭、大雨に打たれる絞首刑台、アンテナ撤収作業の上を飛行機が飛び去って行く。雨が滴る音、飛行機の轟音…。仄暗い映像と音響が相乗効果となり、実景を捉えながら具象性を纏った力に引き込まれる。

カメラが刑務所内部へ入り、甘い「ある夜のこと~♪」が流れる中、人間が主軸となったドラマが躍動的に動き始めてからは、映画は一気にサスペンスタッチと化す。栄転異動の所長、後任として昇進を約束され興奮を隠せない少佐、恙無く実務を遂行する任官たち。逃げた死刑囚を巡り、様々な人々の思惑が飛び交う。

そして、いつしか舞台は雨から乾いた大地へと転調し、異化効果を生んでいることに観客は気付くのだ。少佐が組織共同体の掟を越えて選択した結果と、当事者を一切登場させない話法を採った監督がリンクし始める。2つが絶妙に重なり合い、感動的な終焉に繋がった。(大瀧幸恵)


16102886465331.jpg

2019 年∕ 90 分 ∕1.85:1 ∕イラン
配給:オンリー・ハーツ
後援:駐日イラン大使館文化参事室
©Iranian Independents
公式サイト:http://just6.5andwarden.onlyhearts.co.jp/
★2021年1月16日(土)より、新宿K’s cinema 他にて公開

この記事へのコメント