ヤクザと家族 The Family

16108116194570.jpg

監督・脚本:藤井道人
音楽:岩代太郎
企画・製作・エグゼクティブプロデューサー:河村光庸
出演:綾野剛(山本賢治)、舘ひろし(柴咲博)、尾野真千子(工藤由香)、北村有起哉(中村努)、市原隼人(細野竜太)、磯村勇斗(木村翼)、菅田俊(竹田誠)、康すおん(豊島徹也)、二ノ宮隆太郎(大原幸平)駿河太郎(川山礼二)、岩松了(大迫和彦)、豊原功補(加藤雅敏)、寺島しのぶ(木村愛子)

1999年、覚せい剤が原因で父親を亡くした山本賢治(綾野剛)は、柴咲組組長の柴咲博(舘ひろし)の危機を救ったことからヤクザの世界に足を踏み入れる。2005年、ヤクザとして名を挙げていく賢治は、自分と似た境遇で育った女性と出会い、家族を守るための決断をする。それから時は流れ、2019年、14年間の刑務所暮らしを終えた賢治だったが、柴咲組は暴力団対策法の影響で激変していた。

時折、句読点のように挟まれる煙突の煙。それが本作を象徴したメタファーだ。煙は高く立ち昇り、周囲の空気を孕みながら、何れ消え去る。「消え行くものーヤクザ」。20年に渡る地方ヤクザの栄枯盛衰を描いた新時代のクライムオペラと言えよう。
タイトルバックと共に重厚な質感を醸しながら描写される親子血縁盃の儀式。親子の契りを結ぶ重要な場面である。つまり、ヤクザ組員は、父と子という最も身近で小単位の社会”家族”になるのだ。実際の血縁家族とのダブルミーニングを示唆する意識で本作を観て行くと、より一層興味深く、藤井監督の主訴が伝わる気がする。実際、身寄りのいない人が養子縁組を結び、暴力団の構成員になることは汪々にしてあるという。

本作から想起するのは、2016年のドキュメンタリー『ヤクザと憲法』だ。暴力団対策法、暴力団排除条例が施行され、約2万人の構成員が組を離脱した様子がつぶさに切取られている。ヤクザは銀行口座が持てない。子どもの給食費が引き落とせず、現金を持参すると親がヤクザだと知れる。ヤクザの子どもは幼稚園や保育園から入園拒否される、携帯電話も持てない、といった実相。ヤクザには人権がなく、それは家族にまで及ぶのだ。

本作で20年間の歩みを背負う主人公を綾野剛、チンピラ仲間で舎弟となる弟分役には市原隼人が扮する。常に連んでいた2人の関係性が変異して行く様は切ない。
「ヤクザを辞めても人間として扱ってもらうには5年かかるんです。口座も、保険も、家も…」。弟分は“5年ルール”の厳しさを語る。食事代を払おうとした綾野に対し、頑なに拒む市原。反社会の人間から金を受取ることは出来ないのだ。
反社勢力団体と闇営業で関わりを持ったお笑い芸人の社会に於ける処遇を考えれば、社会復帰の困難さが分かる。社会的属性の呪縛から解放されない者たちの日常は残酷だ。

『新聞記者』で政権を批判した社会派でもあり、ファンタジーも手掛ける振れ幅の広い藤井監督は、本作では撮影手法に新境地を開拓した。序盤の手持ちカメラで対象にぐいぐい迫る、粗くザラリとした質感。クレーンを多用し、グラマラスな色彩を演出した中盤。最後は、まるで葬儀のような諦観と侘しさを象徴した蒼白な色味に変わり、カメラは基本FIX(固定)である。3つの異なる社会視点から、ヤクザという対象を捉えるとの気概が伝わった。

多少、既視感があり、先の読める展開、湿度の高さが難ではあるが、北村有起哉、磯村勇斗ら助演陣の好演が綾野剛の熱演を支えている。
(大瀧幸恵)


16108116943661.jpg

2021年製作/136分/PG12/日本
配給:スターサンズ、 KADOKAWA
(C) 2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会
公式サイト:https://yakuzatokazoku.com/
★2021年1月29日(金)より、全国公開

この記事へのコメント