幸せの答え合わせ (原題:Hope Gap)

16216965290670.jpg

監督・脚本:ウィリアム・ニコルソン
出演:アネット・ベニング、ビル・ナイ、ジョシュ・オコナー

イギリス南部の海辺の町シーフォード。近くの崖下には「ホープ・ギャップ」と呼ばれる入り江が広がり、美しい景色が散策する者たちの心を癒してくれる。この町で暮らすグレースとエドワードは、もうすぐ結婚29周年を迎えようとしていた。仕事を引退したグレースは詩集の作成に時間を費やし、エドワードは高校で教師をしている。独立して家を出た一人息子のジェイミーが久しぶりに帰郷した週末、エドワードは突然、「家を出て行く」とグレースに別れを告げる。その理由を聞いて耳を疑うグレースとジェイミー。絶望と怒りに支配される母を支えるジェイミーも、自身の生き方や人間関係を見つめ直していく。3人それぞれの痛みはしかし、思いもしなかった明日を連れて来る──。

16216965951861.jpg


どこまでも広がる透明な海、カモメの鳴き声が響き渡る「ホープ・ギャップ(原題)」と呼ばれる入り江。英国南部の街シーフォードには白く地層が浮かび上がる切り立った崖がそびえている。冒頭から強烈な映像の喚起力は強烈に浸っていると、映画は転調を兆す。
「私たち夫婦は会話がないけど幸せよね?」
結婚29年になる夫婦。合意を強制する妻に反論もせず、先程まで優しくお茶を入れていた夫が告げる。
「私は家を出るよ。君を幸せに出来ない。好きな人がいる。生徒の母親だ」
イェーツやロセッティの詩を暗唱し、夫を平手打ちする知的で気性の激しい妻には、突然の告白が受け入れられない。
そんな最中に帰省した息子は、どちらの側に立つこともできず、母がひっくり返したダイニングテーブルを粛々と片付ける。

主な登場人物はほぼ3人の会話劇である。『グラディエーター』『エリザベス:ゴールデン・エイジ』『レ・ミゼラブル』『マンデラ 自由への長い道』など数々の優れた脚本を書いたウィリアム・ニコルソンが、自身の体験を基にし、監督と脚本を担った。壊れることがないと信じていた「家族」が一変する出来事。ニコルソンは語る。
「脚本執筆に取組み始めたら、様々な感情が込み上げてきた。(中略)多くの人は両親が離婚すると、幼い子どもは傷つくが、成人した子どもにはあまり影響がないと考えているけれど、それは違う。成人した後に両親が離婚すれば、子どもは幼少時代の自分の原点を疑わざるを得なくなる」

映画では断片的に息子が幼少期を思い出す場面がフラッシュバックとして映し出される。息子が友人に語る台詞が切ない。
「昔は愛があった。両親と手を繋いで僕がブランコするんだ」
ニコルソンが言う通り、大人になった青年でも愛されていた昔を想い出して泣くのだ。両親の争いに巻き込まれて仕事も手につかず、涙ぐむ息子。複雑で苦しい立場に置かれた息子役を演じるのは、ジョシュ・オコナー。『ゴッズ・オウン・カントリー』やTVドラマ「ザ・クラウン」のチャールズ皇太子役を演じた30歳の注目株だ。
ビル・ナイ、アネット・ベニングといったベテラン名優に一歩も退けを取らない技量を見せている。流石に、“世界一俳優の層が厚い国“英国だけに、名優たちと拮抗する若手実力派の台頭が目覚ましい。

勝気な妻の前で従順に振舞う夫。教室では生徒たちに、「ナポレオンがロシアを攻めた時、負傷兵は軍服を脱がされ置き去りにされた。これを残酷と非難できるか?」
と授業で問う。 ”妻を捨てる“自分に問うているかのようだ。ビル・ナイの静謐な演技が光る場面である。

女優特有の自意識を捨て去り、皺やくすみさえ隠さず堂々と嫉妬から奇行に走る妻を演じたベニングの存在感は圧倒的だ。三者三様、多義的な視点が秀逸な構成の本作は、静かな余韻を残しピアノ曲で閉じる。 大人にじっくり鑑賞してほしい映画である。
(大瀧幸恵)


16216966645442.jpg

2018年|イギリス|英語|カラー|スコープサイズ|DCP|5.1ch|100分|レイティング:G|
提供:木下グループ  
配給:キノシネマ  
© Immersiverse Limited 2018
公式HP:https://movie.kinocinema.jp/works/hopegap
★2021年6月4日(金)より、kino cinéma横浜みなとみらい、kino cinéma立川髙島屋S.C.館、kino cinéma天神ほか全国順次公開

この記事へのコメント