キング・オブ・シーヴズ (原題:King of thieves )

16099537320300.jpg

監督:ジェームズ・マーシュ
出演:マイケル・ケイン、ジム・ブロードベント、トム・コートネイ、チャーリー・コックス
ポール・ホワイトハウス、レイ・ウィンストン、マイケル・ガンボン

かつて「泥棒の王(キング・オブ・シーヴズ)」と呼ばれたブライアン(マイケル・ケイン)。一度は裏社会から引退し、愛する妻と平穏な日々を過ごしていた。しかし、妻が急逝したことをきっかけに、かつての犯罪にまみれた自分が呼び起こされることになる。知人のバジル(チャーリー・コックス)からロンドン随一の宝飾店街〝ハットンガーデン″での大掛かりな窃盗計画を持ちかけられたブライアンは、テリー(ジム・ブロードベント)、ケニー(トム・コートネイ)、ダニー(レイ・ウィンストン)、カール(ポール・ホワイトハウス)ら、かつての悪友たちを集め、平均年齢60歳オーバーの窃盗団を結成。綿密な計画のもといざ実行日を迎えようとしたとき、ブライアンは突然計画から抜けると言い出す・・・。

英国史上「最高額・最高齢の金庫破り」と呼ばれた2015年に発生した有名な事件である。ミステリー好きのお国柄、当時は英国中が¨探偵ホームズ(?)¨と化し、推測合戦が起きたものだ。¨ハットンガーデン・ジョブ¨として何度も映画化・TVドラマ化され、各作品とも英国演劇界の重鎮らが演じてきた。¨世界一俳優の層が厚い国¨だけに、おじいちゃん俳優陣が上手いわ面白いわ、で飽きさせない。本作もご同様。映画ファンなら誰もが知る主演・オスカー級クラスの名優たちが居並ぶ布陣は見応えがある。

題名の「キング・オブ・シーヴズ」は¨泥棒の王さま¨という意味だが、それは過去の話。導入からご老体の¨あるある¨的な話で笑わせつつ、各人の個性が紹介される上手い滑り出しだ。何しろどのおじいちゃんもクセが強い!耳が遠い、腰が痛い、口を開けば憎にくしい悪口雑言を吐き、恥ずかしげもなく檳榔な話を披露、肝心なところはオトボケの老人力を発揮する(笑)。
ベテラン俳優陣から名演を引き出したのは、『マン・オン・ワイヤー』でオスカー®長編ドキュメンタリー賞を受賞し、『博士と彼女のセオリー』『喜望峰の風に乗せて』などのジェームズ・マーシュ監督。実話をドラマ化し、娯楽作に仕上げる技巧に長けている。

本作には嬉しいオマケがある。キャスト陣の若かりし頃、イキのよかった出演作のカットが時折、挟まれるのだ。あの映画この映画…殆ど観てきた作品ばかり。産湯に浸かった時から英国映画を観てきた程の英国好きとしては、懐かしく甘酸っぱい気持ちで一杯になる。有難う、楽しませてくれて…と名優たちの長く偉大な足跡を讃えつつ、これからもどうぞ元気で活躍して!と祈っていた。(大瀧幸恵)


16099538037601.jpg

2018/イギリス/スコープサイズ/108分/カラー/英語/DCP/5.1ch/
配給:キノフィルムズ 
提供:木下グループ
© 2018 / STUDIOCANAL S.A.S. - All Rights reserved 
公式サイト:https://kingofthieves.jp/
★2021年1月15日(金)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
posted by グランマゆきえ at 02:24Comment(0)イギリス

プラスチックの海 ( 原題:A Plastic Ocean)


16044855442130.jpg

監督・脚本・製作総指揮:クレイグ・リーソン
脚本・編集:ミンディー・エリオット
撮影:マイケル・ピッツ
出演:クレイグ・リーソン、デヴィッド・アッテンボロー、バラク・オバマ、シルヴィア・アール

クレイグ・リーソン監督は、幼いころにシロナガスクジラのとりこになり、世界中の海をめぐってその姿を追い続けてきた。だが、彼がどこへ行っても出合うのは、海に流れ込んだ大量のプラスチックごみだった。最近は通常のゴミよりもさらに細かい5ミリ以下のマイクロプラスチックによる海洋汚染も深刻化している。

冒頭、名作小説「白鯨」 の言葉を引用し、 大海原が映された時点から居住まいを正して観ることになる。シロナガスクジラが音を立てず泳ぐ姿は何とも美しい。子どものピグミーシロナガスクジラの貴重な映像。イルカとの会話。豊穣な海、大自然と共に歩む地球のスケールを実感した後で提示される事実に打ちのめされた。クジラや魚、貝類やなど様々な水生生物に溢れていたはずの地球上の海は、プラスチックの海になってしまったのだ。

光が届かない水深にも大量の海底ゴミと呼ばれるプラスチック残滓が永遠に残っている。海の水流はゴミが処分された場所だけには留まらない。大西洋〜太平洋と地球上の海を還流しているのだ。ゴミの島はテキサス州くらいの大きさに達しているという。
表面からは見えないマイクロチップ状になったプラスチックを稚魚が食べる。プランクトンから続く食物連鎖は、小さいイワシの体内からもプラスチックが検出され、それらは化学物質と結着し、人体にも影響を与えているのだ。
鯨は大きく口を開けるため、入ったものは何でも飲み込んでしまう。救出した鯨やイルカの体内からは、大きなペットボトル、菓子袋、人々が生活で使う色々な製品が形のまま出てくるのを観た時、心から魚に謝りたい気持ちになった。

映画は悪戯に恐怖心をあおり立てることはしない。極めて冷静に丁寧に海の現状を伝えてくれる。主題のようなグローバルで深刻且つ重要な問題に直面した時、「自分ひとりやっても…」と考え、問題を直視することを避けがちだ。日本は使い捨てプラスチックの1人当りの使用量が世界で2番目に大きい。今年から買物レジ袋が有料になったばかりだ。社会や経済の仕組みを変えていくことで人々の認識や優先順位を変え、行動の変容を促すことができるのではないだろうか。日本が持つ高い技術力で、海洋プラ汚染の防止や海に流出したプラスチックの回収、安全で有用な処理など世界に役立てることがきっとあるはずだ。貴重な現状を知らしめてくれた本作に感謝したい。(大瀧幸恵)


16044857851131.jpg


2016年製作/100分/イギリス・香港合作
配給:ユナイテッドピープル
公式サイト:https://unitedpeople.jp/plasticocean/
★2020年11月13日(金)より、アップリンク渋谷・吉祥寺ほかにて全国順次公開
posted by グランマゆきえ at 19:25Comment(0)イギリス

キーパー ある兵士の奇跡 ( 英題:The Keeper )

16026843199760.jpg

監督・脚本:マルクス・H・ローゼンミュラー
脚本:ニコラス・J・スコフィールド
撮影監督:ダニエル・ゴットシャルク
出演:デヴィッド・クロス、フレイア・メイヴァー、ジョン・ヘンショウ、デヴラ・カーワン、マイケル・ソーチャ、ハリー・メリング、ゲイリー・ルイス、バーバラ・ヤング、オリビア・ミニス、トビアス・マスターソン

1945年、戦地で捕虜となったナチスドイツの兵士バート・トラウトマン(デヴィッド・クロス)はイギリスの収容所に送られる。収容所内でサッカーをしていた際に地元チームからゴールキーパーとしてスカウトされ、試合で実績を残した彼は名門サッカークラブ「マンチェスター・シティFC」に入団。元敵兵に対する罵詈雑言を浴びながらもトラウトマンはゴールを守り抜き、やがて歴史ある大会でチームの優勝に貢献する。

前回ご紹介した『アウェイデイズ』に続き、またもイングランド北西部訛りの心地好い響きが味わえる。ただ、本作は英・独合作であり、ドイツ語も頻繁に登場する。主人公はドイツ・ブレーメン出身のバート・トラウトマンという実在の人物だ。
原題は『The Keeper』。シンプルなタイトルからは想像し難い波乱万丈のドラマが展開される。サッカーの名ゴールキーパーとして、トラウトマンが守ろうとしたものは何だったのか。ピッチに立つ男の決意と覚悟、背負うものの重さを『愛を読むひと』では少年だったドイツ生まれのデヴィッド・クロスが熱演する。
1944年、 ドイツ兵士のトラウトマンが置かれた戦場から英国セントへレズ捕虜収容所まで、画面には一貫して色がない。地元クラブチームを主催する父を持つマーガレットが登場するや、映画は色めき立つ。父にスカウトされ、選手として活躍したトラウトマンは、収容所からの解放後も英国に留まった。
「サッカーは野蛮ね」
「いや、サッカーは君の好きなダンスと同じだよ。選手の動きは踊りのようだ」
マーガレットと結婚。やがて名門マンチェスター・シティFCに入団し、外国人では初の最優秀選手賞、大英帝国勲章を受賞するほどの名選手になるのだ。
敵国ドイツ兵だった選手へのブーイング、メディアの攻撃は凄まじい。ユダヤ人居住者が多いマンチェスターでは、ラビまで介入し、試合をボイコットしようとする。が、ラビの影響力は絶大だ。トラウトマンの活躍に感銘したラビの呼び掛けにより、地元での信頼を獲得して行く様子が分かりやすく描かれる。

まとまった良作なだけに注文をつけたくなる。トラウトマンの存在意義はサッカー選手であることだ。名選手であろうとも、強烈な悪意に晒され、チーム内での相剋や容赦のないポジション争いもあったことだろう。戦争、捕虜収容所、サッカー…、死と隣り合わせの過酷な修羅場を生き抜いてきた男だ。女や家庭が入り込む余地のない世界に於いて、不屈の精神によりトラウトマンが手繰り寄せた栄光と和解、サッカー選手としての覚悟、姿勢、矜持といった内心をもっと掘り下げてほしかった。家庭人の顔も大事だが、ロマンスや理解ある人々の描写に寄り過ぎた感がある。あなたはどう感じるか、ぜひ観て確かめてほしい。

ただ、演者陣の充実ぶりは世界一俳優の層が厚い英国ならでは!『ハリー・ポッター』シリーズで太っちょ従兄弟を演じていたハリー・メリングが見違えるほどスレンダーになって捕虜収容所長の難役をこなせば、トラウトマンの運命を変えた義父にケン・ローチ作品の常連で、TVドラマ「ダウントンアビー」のジョン・ヘンショウが好演。『わたしは、ダニエル・ブレイク』のデイブ・ジョーンズ、『リトル・ダンサー』の父役ゲイリー・ルイスなど忘れ難い俳優が脇を固める。『サンシャイン/歌声が響く街』 の美少女フレイア・メイヴァーが母性溢れるマーガレット役で帰ってきたことが嬉しい。(大瀧幸恵)


16026857011361.jpg

2018年/イギリス・ドイツ/英語・ドイツ語/119分/スコープ/カラー/5.1ch/
配給:松竹
ⓒ2018 Lieblingsfilm & Zephyr Films Trautmann
★2020年10月23日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開
posted by グランマゆきえ at 23:06Comment(0)イギリス