愛しの故郷 (ふるさと)( 原題:我和我的家乡 )

16037730947780.jpg

製作総指揮:チャン・イーモウ
監督:ニン・ハオ(総監督)、チェン・スーチェン、シュー・ジェン、ダン・チャオ、
ユー・バイメイ、ポン・ダーモ、イェン・フェイ
出演:グォ・ヨウ、ホアン・ボー、ワン・バオチャン、リウ・ハオラン、ドン・ズージェン、
トン・リーヤー、ファン・ウェイ、タオ・ホン、チャン・イー、ワン・ジュンカイ、
ダン・チャオ、イェン・ニー、ワン・ユエン、スン・リー、シェン・トン、マーリ-

北京という名のお調子者は、名匠チャン・イーモウからの出演依頼を断ったとホラを吹いていた。UFOが出没したという南部貴州の田舎町を訪れたテレビクルーの前に怪しい村長、商人、農民発明家が登場する。アルツハイマー病を患う老教師のため、息子と教え子たちが彼にとって思い出深いものとなっている東部千島湖の村での授業を再現させようとする。西部で生まれたカリスマインフルエンサーと後輩が、母校の設立記念日に合わせて帰郷する。過疎化が進み年配の人々が大半を占める村で、画家とその妻が住んでいた。

冒頭、中国の原風景ともいえる田んぼが広がる。 ポツンポツンと案山子が顔を出す長閑な風景…。 画面はバスの中に切り替わり、禿げ頭の二人が大写しに。こんな風に5つのエピソードが綴られていくオムニバス映画。句読点のように、中国の人々が、自らの故郷について語るシークエンスが挟まれる。

姉妹作として前回ご紹介した『愛しの母国』ほどの国粋主義的な傾向は薄れ、コメディ一色の楽しい逸話が続く。国慶節では『愛しの母国』を抜いて、興収1位になったのも頷ける。中国は広大過ぎるため、東部・西部・南部・北部と分けられても、何となくイメージが沸かない。ただ、1話のように”北京”という名の男が北京に住んでいても、話すと「どこそこの訛りが丸出しじゃないか」と言われたり、登場人物たちがそれぞれの故郷を背負っているのが明らかだ。
あまりに田舎らしい光景なので、時代は遡るのかと思いきや、最新のスマホ、電子マネー決済、ロボットなどなどが小道具として普通に出てきて、”現代なのか!”と気付かされる始末。賑わうビアホールでほろ酔い気分から、「張芸謀にエキストラで出ろと言われたんだぞ」と 歌い出す役を有名俳優グォ・ヨウが演じるのだから可笑しい。

全エピソードとも軽妙な劇伴が流れ、お気楽ムードで観ていると、それぞれのの故郷に対する熱い思い、建国から再建・近代化までの苦労話、村おこし、村中をアートでいっぱいにしたり、 とてつもなく大きな田んぼアートが登場するなど、中国ならではの物量・人海戦術を投入したスケール感が味わえる。「世界一美しい村」と誇りたくなる矜持・自負が中国国民を支えていることが感じられた。(大瀧幸恵)


16037732922271.jpg

2020年/中国/シネスコ/152分/
配給・宣伝:wow cool entertainment /
公式サイト:http://wowcoolentertainment.com
©︎BEIJING JINGXI CULTURE&TOURISM CO.,LTD /CHINA FILM CO.,LTD
★11月6日(金)よりグランドシネマサンシャインにて1週間限定公開

posted by グランマゆきえ at 13:26Comment(0)中国

愛しの母国 (原題:我和我的祖国 英題:My People, My Country)

16032856112600.jpg

総合監督:チェン・カイコー
主題歌:フェイ・ウォン 
総合プロデューサー:ホワン・ジェンシン
監督:グアン・フー 、チャン・イーバイ、シュー・ジェン、シュエ・シャオルー、ニン・ハオ、ウェン・ムーイエ
出演:ホアン・ボー、オウ・ハオ、シン・バイチン、レン・スーシー、チャン・イー、ハン・ハオリン、ファン・ユジェ、リウ・タオ、サイモン・ヤム、カラ・ワイ、グォ・ヨウ、ワン・ドン、ティエン・チュアン・チュアン、リウ・ハオラン、アーサー・チェン、ソン・ジア、トン・リーヤー(※上映作品順)

1949年、次々と起きるトラブルに対処し、中華人民共和国成立宣言式典での国旗掲揚の準備をする人々。1964年、初の核実験を成功させるために自身の恋愛や青春を犠牲にしてきた者たち。1984年、街頭に置かれたテレビでロサンゼルスオリンピック女子バレーボール決勝戦を観戦しながら、好きな子に別れを告げようとする少年。1997年、イギリスからの香港返還を迎えるにあたって外交官、国旗掲揚者、警備を担当する警察たちが奮闘していた。こうして建国から70年の間に起きた歴史的瞬間の裏には、さまざまなドラマがあった。

国粋主義映画だと分かっていても、これほどの圧倒的物量・人海、資本投下、洗練された映像美、テンポとリズムに富んだ編集、巧みな脚本、スムーズに流れるオムニバス形式、それも市井の人々の視点から、モノ作り、ロマンス、初恋、喜劇、人情もの、アクションと揃えられては、主題の”高揚モーメント”同様、中国の観客は”国民皆歓喜”したことだろう。
国慶節の連休に歴代2位の興収記録(624億円!)を打ち立てたのも宜なるかな…。因みに、コロナ禍により半年間映画館が閉まっていた中国では、再開後にV字回復を示すほど観客が戻っているという。それだけ中国国民にとって映画は身近な娯楽なのだろう。

個人的に惹かれたのは【Episode3:初恋】。1984年年ロサンゼルス五輪女子バレーボール米 vs 中 決勝戦。街頭TVならぬ上海の路地裏TVにかじりついて実況を見守る群衆の中、少年ドンドンはアンテナを押えて画面を安定させる役割を命じられる。が、ドンドンの関心は別なところにあった…。
熱狂の嵐にある大人たちの中で、主人公のドンドンだけはその外にいる、という発想が小気味よい。屋根から屋根、路地裏から階段へと引力に関係なく滑らかに移動するカメラワークは見事!

【Episode6:流れ星】は、総監督を務めるチェン・カイコー作品。 ティエン・チュアンチュアン監督が俳優として出演し、強い物語性を持つ逸話を存在感たっぷりに牽引する。貧困問題にも触れており、本作の中では異色かもしれない。チェン・カイコーらしいスケールある映像美が魅力だ。
エピソードによっては、核開発や抗日戦争勝利パレードなど、日本人にとって微妙な感情を抱かせるものもある。本作はあくまでも中国の”高揚モーメント”映画なのだ。(大瀧幸恵)


16032858233461.jpg

2019年/中国/シネスコ/155分/中国語/
配給・宣伝:wow cool entertainment 
配給協力:東京現像所
(c)2019Huaxia Films
公式サイト:http://www.wowcoolentertainment.com
★2020年10月30日(金)より、1週間限定でグランドシネマサンシャインでにて上映。その後、全国順次公開
posted by グランマゆきえ at 22:08Comment(0)中国