AWAKE

16079250340510.jpg

監督・脚本:山田篤宏
出演:吉沢亮(清田英一)、若葉竜也(浅川陸)、落合モトキ(磯野達也)、寛 一 郎(中島透)、馬場ふみか(磯野栞)、川島潤哉(山崎新一)、永岡佑(堀亮太)、森矢カンナ(山内ひろみ)、中村まこと(清田英作)

棋士養成機関である奨励会で棋士を目指していたものの、人並み外れた強さを誇る陸(若葉竜也)に敗れて奨励会から去った英一(吉沢亮)。大学に入学し、コンピュータ将棋と出合い、そのプログラミングに興味を抱く。AI研究会に入った彼は、幼いころから将棋一筋だったために周囲との接し方が分からず戸惑いつつも、先輩・磯野(落合モトキ)の指導を受けながらプログラム開発にのめり込んでいく。数年後、棋士とコンピュータが対局する電王戦への出場を依頼された英一は、相手が陸であることを知る。

冒頭、ライトが照らし出すのは将棋を指している手元のみ。カメラがパンすると、それがロボットとのAI対決だと分かる。繰り広げられているのは、プロ棋士との対局である電王戦。華やかなイベントの電飾。”煽り”が激しい音楽。本作は終始、緊張感を孕んだ場面と、子ども時代の牧歌的な回想シーン、プログラミング開発の焦燥感、といった緩急を自在に駆使し、スタイリッシュな快編となっている。
将棋、プログラミングともに疎くても、映画の出来不出来の判断はお任せあれ!これが長編デビュー作の山田篤宏監督。邦画界にとって、有望な監督の登場が高らかに宣言されたのだ。

人工知能の向こうには、プログラミングを開発した人間がいる。主人公が目標とする「定跡にとらわれない新しい一手を指す頭脳」。盤上に於ける宿命のライバル対決には、人間と人間との熱い血潮が漲っていいるのだ。 子ども時代を除き、2人の男は殆ど言葉を交わさない。山田監督の盤上対決に拘った思いが伝わる巧みな脚本展開は、爽やかな幕切れにまで通底している。

さり気ない劇伴の挿入、カラーリングのコントラスト、テンポの良い編集など、現場を離れた監督がポストプロダクションにも時間をかけ、本作に命を吹き込んだことが理解できる。演じる2人のイケメン実力派俳優と脇を固める演者陣の呼吸も合い、勝負の向こう側にある世界を描き出した。(大瀧幸恵)


16079251016831.jpg

2019年製作/119分/G/日本
配給:キノフィルムズ
(C) 2019『AWAKE』フィルムパートナーズ
公式サイト:http://awake-film.com/
★12月25日(金)より全国公開
posted by グランマゆきえ at 14:52Comment(0)日本

滑走路

16050927676010.jpg

監督:大庭功睦
脚本:桑村さや香
原作:萩原慎一郎
主題歌:Sano ibuki
撮影:川野由加里
出演:水川あさみ(翠)、浅香航大(鷹野)、寄川歌太(学級委員長)、木下渓(天野)、池田優斗(裕翔)、吉村界人(雨宮)、染谷将太(明智)、水橋研二(拓己)、坂井真紀(陽子)

激務が続く毎日を送るうちに、仕事への理想を失い、無力感にさいなまれるようになった厚生労働省の若手官僚・鷹野(浅香航大)のもとにNPO団体が訪れ、非正規雇用が原因で自死したとされる人々のリストを渡して対応を求めてくる。リストに目を通した鷹野は、その中で自分と同じ25歳で自ら命を断ってしまった青年に興味を抱く。青年の死の背景を調べるうちに、彼は自分を含めた若い世代が抱えているさまざまな不安や葛藤、苦悩と向き合うことになる。

萩原慎一郎の短歌が好きだった。文語短歌から口語短歌に遷移していった後の短歌は取り分け心に沁みた。最も好きな歌がある。

生きているからこそうたうのだとおもう 地球という大きな舞台の上で

だからこそ、生を謳歌しているかの如き歌を詠んだ人が、32歳で自死したと知った時の衝撃は大きかった。なぜ絶ったのか、しかも初の歌集を入稿した後で…。答えは当事者にしか分からない。深追いはすまい。遺した歌を味わい、深部に埋めて行こう。そう思っていた。

本作は萩原慎一郎の最初にして最後の歌集「滑走路」から着想を得たオリジナルストーリーである。現実の生活に根差しながら、射程は誰しもが直面する実存や生の問題に及ぶ萩原の短歌がどのように映像として反映されるか?関心を抱いて観た。

苛め、恋、非正規雇用、過労、キャリア、自死、家族…。それぞれのモチーフがあしらわれた3つのドラマが挿入されて行く。青空、飛行音、夕景、川の和流、少女の絵、子どもの手の温もり。登場人物たちの背景を彩る映像は優しく美しい。辛い現実を描く中、横溢する死のイメージを拭うかのように、人々の心に寄り添った萩原の短歌と類似した機能をカメラが担っている。
観ているうち、失われる寂寥ではなく、継承される清々しさと未来への希望を感じ取っていることに気付く。

きみのため 用意されたる 滑走路 きみは翼を 手にすればいい

映画の締め括りに相応しい短歌を萩原は遺してくれた。(大瀧幸恵)


16050937798051.jpg

2020年製作/120分/PG12/日本
配給:KADOKAWA
(C)2020「滑走路」製作委員会
公式サイト:https://kassouro-movie.jp/
★2020年11月20日(金)より全国公開
posted by グランマゆきえ at 20:08Comment(0)日本

おらおらでひとりいぐも

16045673032860.jpg

監督・脚本:沖田修一
原作:若竹千佐子
音楽:鈴木正人
主題歌:ハナレグミ
出演:田中裕子(桃子)、蒼井優(昭和の桃子)、東出昌大(周造)、濱田岳(寂しさ1)、青木崇高(寂しさ2)、宮藤官九郎(寂しさ3)、田畑智子、黒田大輔、山中崇、岡山天音、三浦透子、六角精児、大方斐紗子、鷲尾真知子

ひとり暮らしをする75歳の桃子(田中裕子)は、東京オリンピックの開催に日本中が湧く1964年に、その熱狂に導かれるように故郷を飛び出して東京に来た。それから55年の月日が流れ、母として二人の子供を育て上げ、夫・周造と夫婦水入らずの穏やかな余生を送ろうとするが、その矢先に彼に先立たれてしまう。突然の出来事にぼうぜんとする中、彼女は図書館で借りた本を読み漁るように。そして、46億年の歴史をめぐるノートを作るうちに、見るもの聞くもの全てに問いを立て、それらの意味を追うようになる。

『滝を見にいく』『モリのいる場所』で中高年を主役に据え、他の追随を許さない独自の世界観を構築している沖田修一監督。50代で夫を亡くし、63歳で作家デビューした本作の原作者・若竹千佐子。両者の出会いと協業は必然だったと言えよう。2人とも”耳がいい”特長を持った著作者だ。卓越した言語感覚が本作を豊穣な言葉の泉、75歳にして瑞々しく饒舌な脳内を覗かせる桃子さんを造形している。正直、”耳の悪い”小説や映画に接した時ほどイライラするものはない。優秀な役者陣を擁しても、巧妙に展開するプロットがあったとしても、言葉が生きていなければ何ら説得力を持たないのだ。

地質学が好きな桃子さんの脳内には、一番深い地層に東北弁がある。上京し、埼玉県所沢市にマイホームを持って50年を経ても、桃子さんは脳内で亡き夫とはコアな東北弁で会話し、ばっちゃとの幼い頃の想い出が東北弁にて豊かに甦る。沖田監督は襖の向こう、雪道にとアニメーションや様々なギミックを用いて桃子さんが思い描く世界を時間軸を超え(時には46億年前!)、縦横自在に表現する。

究極の”寂しさ”を主題としながら、ユーモアを忘れないのが沖田監督の真骨頂だ。特に前半、岡山天音扮する車のセールスマンが訪ねてくるシークエンスは爆笑もの!台詞のセンス、間合いの良さ、洗練された話法に是非ご注目頂きたい。
林を散歩する桃子さんの顔を明るく照らす陽光のように、季節が、人が桃子さんの周囲を巡る宇宙を温かな視線で描出したドラマは、多くの観客に受け容れられるに違いない。(大瀧幸恵)


16045674367551.jpg

2020年製作/137分/G/日本
配給:アスミック・エース
制作協力:東京テアトル
製作:「おらおらでひとりいぐも」製作委員会
(C) 2020 「おらおらでひとりいぐも」製作委員会
公式サイト:https://oraora-movie.asmik-ace.co.jp/
★2020年11月6日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほかにてロードショー
posted by グランマゆきえ at 18:09Comment(0)日本