ハッピー・バースデー 家族のいる時間 (原題:Fête de famille 英題:HAPPY BIRTHDAY)

16091385174530.jpg

監督:セドリック・カーン 
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、エマニュエル・ベルコ、ヴァンサン・マケーニュ、セドリック・カーン

70歳になったアンドレアは、夫のジャン、孫のエマとフランス南西部の邸宅で優雅に暮らしている。そこへ、母の誕生日を祝うため、しっかり者の長男ヴァンサンと妻マリー、二人の息子、そして映画監督志望の次男ロマンが恋人ロジータを連れてやってくる。家族が揃い、楽しい宴が始まったそのとき、3年前に姿を消した長女クレールが帰ってくる。アンドレアは娘をあたたかく迎え入れるが、他の家族は突然のことに戸惑いを隠せない。案の定、情緒不安定なクレールは家族が抱える秘密や問題をさらけ出し、大きな火種をつくりだす。やがてそれぞれの思いがすれ違い、混乱の一夜が幕を開ける――。

「映画でフランスの歌を聞くのは大好きです。センチメンタルでノスタルジックな気持ちになります。全てのセリフがシャンソンでできた映画を撮るのが夢ですね」監督のセドリック・カーンは語る。その通りだ!本作で使用されたフランソワーズ・アルディの「Mon amie la rose」、ムルージの「L’Amour, l’amour, l’amour」が流れると、観客は一気にロマンと感傷の薫り高い世界へ惹き込まれる。シャンソンは甘い香気を放ち、想像力を喚起させる”シアトリカルな音楽”なのではないだろうか。
本作は家族たちを様々な角度から描く群像劇である。ある1日(母の誕生日)、ある場所(仏南西部の家)を舞台に起こる1幕ものの舞台劇のようだ。家族たちが泣いたり怒ったり笑ったり、わめくは騒ぐわ、剥き出しの感情をぶつけ合う。それもお金に纏わる話だからタチが悪い。しかし、そんなこんなの出来事も甘やかなシャンソンが流れるだけで帳消しになってしまう。不思議な作用を映画に齎す音楽だ。

家族の中心となっている母親役は大女優カトリーヌ・ドヌーヴだが、本作で敢然と光を放つのは、『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』の名演・名監督ぶりが忘れ難いエマニュエル・ベルコだろう。登場する度に、俳優魂が躍動し画面に刻まれる。女の血潮が漲る熱さを体現するのだ。かといって熱演タイプではなく、演出家らしい冷静さも持ち合わせ得ている。
もう1人、弟役のヴァンサン・マケーニュもエキセントリック担当。マケーニュもエマニュエル・ベルコも映画監督と俳優を兼ねた才人だ。一方、セドリック・カーン自身は常識派の長男を演じ、受けの芝居に回っている。そんなアンサンブル演技を眺めるのも本作の楽しさだ。

さらに別な主人公ともいえるのが、家族一同が集う「家」。果実の生る緑豊かな庭園。車回しまでの長い道。木漏れ日の下に長テーブルを囲んでワインと手造りの家庭料理を興ずる。古めかしい様式の大きな邸宅を駆け回る子供たち。色褪せた壁紙まで魅力的に映る。決して華美ではないこの家が、家族の争いの的にもなる皮肉。
カメラは多くがワンシーンワンカットで撮影され、登場人物が絶え間なく動くことでリズム感が生まれる。逆に、食卓につく場面では、登場人物たちが話す様、聞いている様子を細かなカット割りで見せる。俳優でもあるカーンらしい細心の撮影手法が見事だ。
家族至上主義、礼賛ではないシニカルな内容も、ラストのシャンソンでは誰もが幸せを感じるだろう。
(大瀧幸恵)

16100135819020.jpg

2019年|フランス|101分|5.1ch|シネマスコープ|カラー
提供:東京テアトル/東北新社 
配給:彩プロ/東京テアトル/STAR CHANNEL MOVIES
©Les Films du Worso 
公式サイト:http://happy-birthday-movie.com
★2021年1月8日(金)より、YEBISU GARDEN CINEMA他にて全国公開
posted by グランマゆきえ at 15:57Comment(0)フランス

パリのどこかで、あなたと ( 原題:Deux Moi 英題:Someone, Somewhere)

16066467563960.jpg

監督・脚本:セドリック・クラピッシュ
出演:アナ・ジラルド、フランソワ・シヴィル

パリで暮らすメラニー(アナ・ジラルド)とレミー(フランソワ・シヴィル)は、隣り合うアパートに住んでいたが、それ以外の接点はなかった。別れた恋人のことが忘れられないメラニーは、がんの免疫治療の研究者として多忙な日々を送る一方で、一夜限りの関係を繰り返していた。一方、倉庫で働くレミーは同僚が解雇される中、自分だけが昇進することに後ろめたさとストレスを感じていた。

現代のパリを撮らせたら右に出る者なしのセドリック・クラピッシュ監督!『スパニッシュ・アパートメント』『ロシアン・ドールズ』『ニューヨークの巴里夫(パリジャン)』の〝青春三部作″、『おかえり、ブルゴーニュへ』から3年。待ちに待った新作だ。冒頭、軽快な音楽を背景に、パリの地下鉄、空撮からの街並み、ショーウィンドウ、 早回し撮影で都会の人混みを強調した描写だけで、仏映画好きの血が騒ぐ。多くの人が行き交う中、隣合う男女2人。お互いのことを未だ何も知らない主人公たちだ。

免疫治療の研究者として顕微鏡を覗くメラニー。マッチングアプリで一夜限りの相手を探し、出会いを繰り返すも不全感からか、いつも眠くて堪らない。巨大倉庫で働くレミーは、同僚たちが解雇される中、自分だけ昇進異動する罪悪感とストレスで、こちらは不眠症。
2人とも30歳。現代人特有の孤独と悩みを抱えつつ、精神科で心理療法を受診している。

家族、友だち、仕事、日々の買物、そしてクラピッシュ映画に欠かせない猫ちゃんも含め、2人の変わり映えしなさそうで何かを待っている生活を淡々とスケッチする話法。観客を飽きさせず、最後まで興味を繋ぐ演出は、簡単なようで難しい。熟練のクラピッシュ監督ならではだ。時折、句読点のように挟まれるパリの街並み、朝焼け、アパートメントのバルコニー、屋根屋根、エスニック食品店などなどがアクセントとなって楽しい。
いったい2人はいつ、どこで交わるの?その出会いはどうなるの?まるで我がことのようにハラハラする自分に気づく時、すっかりクラピッシュ映画の世界に取り込まれているのだ。
観終わった後は幸せ気分に浸れること請け合い!
個人的には、大好きな俳優イポリット・ジラルドの面影を残す娘が、30歳に成長したのか…、と長い映画鑑賞歴を振り返り、ため息をついた。(大瀧幸恵)


16066469654001.jpg

2019年/フランス/111分/
提供:木下グループ
配給:シネメディア
公式サイト:http://someone-somewhere.jp
© 2019 / CE QUI ME MEUT MOTION PICTURE - STUDIOCANAL - FRANCE 2 CINE
★12月11日(金)より、 YEBISU GARDEN CINEMA、新宿シネマカリテほか全国順次公開
posted by グランマゆきえ at 19:50Comment(0)フランス

燃ゆる女の肖像 (原題:Portrait de la jeune fille en feu / 英題:Portrait of a lady on fire )

16062500571180.jpg

監督・脚本:セリーヌ・シアマ
撮影:クレア・マトン
出演:ノエミ・メルラン(マリアンヌ)、アデル・エネル(エロイーズ)ルアナ・バイラミヴァレリア・ゴリノ(伯爵夫人)

18世紀のフランス・ブルターニュ地方。画家のマリアンヌ(ノエミ・メルラン)は貴族の娘エロイーズ(アデル・エネル)の見合いのため、彼女の肖像画を依頼される。しかし、エロイーズは結婚することを頑なに拒んでいた。マリアンヌは身分を伏せて孤島でエロイーズと過ごし、ひそかに彼女の肖像画にとりかかるが、マリアンヌの目的を知ったエロイーズは絵を見てその出来栄えを否定する。

1770年、画家マリアンヌは仏・ブルターニュ地方の孤島にいた。城の伯爵夫人は、
「この肖像画は私が嫁ぐ前から、ミラノで私を待っていたのよ」
と自身の肖像画を見つめ、「描ける?」「画家ですから」答えるマリアンヌ。
メイドからも「肖像画に自信が?今までの人はお嬢さまを描けなかったんですよ」
画家の威信を懸けた仕事は、マリアンヌに忘れ難い鮮烈な恋の体験として生命を燃やし焦がれることになった。

室内の光源は、暖炉と蝋燭の光だけ。2人の女の視線、髪の一筋までを揺らめく炎が照らし出す。自然光撮影の美しさに息を呑む。まるで映画全編が絵画のようだ。
いつ恋に落ちたのか、映画は明確に表さない。徐々に高まっていく愛しい感情、素直な発露を許されない時代の制約。風が吹き抜ける浜辺を疾走する娘エロイーズ。振り返った時の眼力は圧倒的な印象として映画を支配する。
白浪が砕けては散る崖、島の女たちが焚火を囲み、合唱する歌曲に酔う2人。夜明け、洞窟での接吻。

本作で流れる音楽は2曲のみ。前述のオリジナル合唱曲と、ヴィヴァルディの協奏曲第2番ト短調 RV 315「夏」。マリアンヌが「好きな曲よ」と、一節をチェンバロで情景を語りながらエロイーズに弾いてみせる。この重要な伏線場面を見逃さないでほしい。暖炉の前で読み聞かせる「オルフェ」の章にも伏線の回収がある。
唸るほど見事な脚本と監督を務めたのは、セリーヌ・シアマ。2019年のカンヌ国際映画祭で脚本賞と、女性監督として初となったクィア・パルム賞の2冠に輝いている。撮影に使われた城は無人であり、修復されたこともなかったという。木材や寄木張りの床にしっくり調和した家具調度品は、当時の物としか思えない程の質感を醸し出す。
手造りの衣装には、登場人物の属性が生かされている。役柄の社会性、緑と赤のドレスが象徴するコントラストに眼を瞠らされた。

許されない愛のささやかな芽生え、壮大な喪失。切なさが最後の最後まで胸を締め付ける。傑作の誕生が喜ばしい。(大瀧幸恵)


16062502660001.jpg

2019|フランス| カラー|ビスタ|5.1chデジタル|122分
配給:ギャガ
© Lilies Films. gaga.ne.jp /portraitportraitmoviejp
公式サイト:https://gaga.ne.jp/portrait/
★12月4日(金)より、TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマ他にて全国公開
posted by グランマゆきえ at 05:28Comment(0)フランス