ヘルムート・ニュートンと12人の女たち (原題:HELMUT NEWTON THE BAD AND THE BEAUTIFUL)

16066438346700.jpg

監督:ゲロ・フォン・べーム
出演:シャーロット・ランプリング、イザベラ・ロッセリーニ、グレイス・ジョーンズ、アナ・ウィンター、クラウディア・シファー、マリアンヌ・フェイスフル、ハンナ・シグラ、ジューン・ニュートン、スーザン・ソンタグ(アーカイブ出演)、カトリーヌ・ドヌーヴ(アーカイブ出演)、シガニー・ウィーバー(アーカイブ出演)、ヘルムート・ニュートン(アーカイブ出演)

1950年代からおよそ半世紀にわたって、一流ファッション誌で女性を撮影し続けてきたファッションフォトグラファーのヘルムート・ニュートン。1920年にドイツのベルリンで生まれた彼は、モデルや女優を被写体にした写真をファッション誌に発表するようになる。その衝撃的な作品は「ポルノまがい」「女性嫌悪主義」とも批評され、議論を巻き起こす。

2020年は、写真界の巨匠ニュートンが生まれて100年に当たる。本作はそれを記念して作られたドキュメンタリーだ。長身、金髪、アマゾネスのような強い女像を好んで撮った写真家らしく、被写体になり、本作で証言するのは強い意思、眼力、明晰な分析性を見せる魅力的な女たちばかりだ。カメラを見下げ、男を睨みつけるアングルが似合うグレイス・ジョーンズ。高級ホテルのテーブルに全裸で腰掛け、挑発的な視線を投げかけるシャーロット・ランプリング。「彼はスラブ系のベルリン娘は別格だと言っていたわ。ワイマール共和国に愛着があり、ドイツ表現主義の時代と繋がっているの」と語るハンナ・シグラの写真は、脇毛を処理していず始原の強さを感じさせる。クリエイターであり元夫のデビッド・リンチに、芸術家が表現するための人形を動かすかのような被写体として撮られたイザベラ・ロッセリーニ。

セレブやトップモデルたちを裸にし、フェティズム、サディズム、マゾヒズムが渾然一体となった過激なファッション・フォトを「ヴォーグ」「ハーパース・バザー」などのクオリティマガジンに載せ、世間の度肝を抜いたニュートン。コンプライアンスに厳しく支配され、媒体が萎縮する日本の広告業界では有り得ない表現世界が許容されていた”良い時代”を思い、溜息がついて出る93分だった。

一方、映画は知の巨人であるスーザン・ソンタグの「作品と作者を同列視しないけど、あなたの写真は女性蔑視で差別的、 侮辱よ。女性として不快だわ」とする批判言質や、写真を掲載したシュテルン誌に対し、1000万人の女性が抗議をした、という勢力があった事実も伝える公平さを示している。
ニュートンは生前、「私の写真について言えるただ一つのことは、決して不鮮明ではないということだ。私は芸術を生み出しているとも主張しない。私の写真にメッセージはない。写真は極めてシンプルで、どのような説明も必要としない。もし写真を理解するのに時間がかかるなら、それはその写真に細部事項が多く、多くのものが表現されているからにすぎない」という写真史観を残している。
ニュートンの残した仕事を賞賛するか、女性蔑視ととるか、評価は本作を観た人に委ねられたのだ。(大瀧幸恵)


16066438997931.jpg

2020年/93分/カラー/1.78:1/ドイツ/英語・フランス語・ドイツ語
配給:彩プロ
Arena, Miami, 1978 (C) Foto Helmut Newton, Helmut Newton Estate Courtesy Helmut Newton Foundation
公式サイト: http://helmutnewton.ayapro.ne.jp
★12月11日(金)よりBunkamuraル・シネマ、新宿ピカデリーほか全国順次公開
posted by グランマゆきえ at 18:58Comment(0)ドイツ

100日間のシンプルライフ ( 原題:100 Dinge)

16063121594970.jpg

監督・脚本:フロリアン・ダーヴィト・フィッツ
出演:フロリアン・ダーヴィト・フィッツ(パウル・コナスキー)、マティアス・シュヴァイクホファー(トニー・カッツ)

ビジネスパートナーでもある幼なじみのパウル(フロリアン・ダーヴィト・フィッツ)とトニー(マティアス・シュヴァイクホファー)は事業も順調で、多くの物に囲まれ充実した生活を送っていた。ある日大げんかした二人は大金を賭け、ある勝負をすることになる。それは衣服も含めた身の回りの所有物全てを倉庫に預け、裸一貫の状態から一日一つずつ必要な物を取り戻す生活を、100日間続けるというものだった。

フィンランドのドキュメンタリー映画『365日のシンプルライフ』は記憶に新しい。持ち物全てをリセットした青年の実験生活記録映画だ。本作はそれをベースにドラマとして大胆に翻案。舞台はドイツ・旧東ベルリン。ビジネスパートナーの男2人がおバカな意地の張り合いから、酔った勢いで勝負を始める。何もない部屋に真っ裸の男が寝転がっている光景は、日本人ならどうしても、TV番組の人気企画だった「なすびの懸賞生活」を思い出してしまう(笑)。

ドイツ人らしく、冒頭の論点整理から主題がすっきりと提示される。曾祖父母の時代、持ち物hs57個、インフレでそれらを失う。祖父母の時代は200個、ヒトラーによって失う。両親は650個、シュタージの監視を受ける。僕らは1万個!さて…。

始終ネットショッピングしているスマホ依存症の主人公パウルを監督・脚本も手掛けたフロリアン・ダーヴィト・フィッツ、親友のビジネスパートナー、トニーにはマティアス・シュヴァイクホファーという当代ドイツきっての実力派イケメン俳優が競演。出だしから長い階段を猛スピードで駆け下りるわ、 車をビュンビュン飛ばすわ、疾走感溢れる展開だ。
アプリ開発者オーディションでは、ミニマリストが”物を減らすアプリ”のプレゼンをしたり、伏線もバッチリ。勝負に失敗したら利益の半分を従業員へ、という約束をしたため、周囲はノリノリ!雪の中、裸で倉庫へ走る場面など笑える要素はいっぱいだ。予測不能・意外な展開が続き、果てさて勝負の行方は??
コロナ禍に入り、自らの生き方を再検証した人は多いはず。笑いながら人生を振り返らせてくれる快作だ。(大瀧幸恵)


16063123982041.jpg

2018年製作/111分/PG12/ドイツ/カラー/シネマスコープ/5.1ch
配給:トランスフォーマー、フラッグ
(C)2018 Pantaleon Films GmbH / Erfttal Film & Fernsehproduktion GmbH & Co. KG / WS Filmproduktion / Warner Bros. Entertainment GmbH
公式サイト:https://100simplelife.jp/
★2020年12月4日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷・有楽町、シネマート新宿他にて全国公開
posted by グランマゆきえ at 22:52Comment(0)ドイツ