ソング・トゥ・ソング (原題:SONG TO SONG)

16079233325720.jpg

監督・脚本:テレンス・マリック
製作総指揮:ケン・カオ
撮影:エマニュエル・ルベツキ
美術:ジャック・フィスク
衣裳デザイナー:ジャクリーン・ウェストー
音楽:ローレン・マリー・ミクス

出演:ルーニー・マーラ、ライアン・ゴズリング、マイケル・ファスベンダー、ナタリー・ポートマン、ケイト・ブランシェット、ホリー・ハンター、ベレニス・マルロー、ヴァル・キルマー、リッキ・リー、イギー・ポップ、パティ・スミス、ジョン・ライドン、フローレンス・ウェルチ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

音楽の街として知られるアメリカ・テキサス州のオースティン。フリーターのフェイ(ルーニー・マーラ)は有名プロデューサーのクック(マイケル・ファスベンダー)と内密に交際しているが、そんな彼女に売れないソングライターのBV(ライアン・ゴズリング)は恋心を抱いていた。その一方で、ゲームのように恋愛を楽しむクックは夢を諦めたウェイトレスのロンダ(ナタリー・ポートマン)を口説く。それぞれに幸せを求め、誘惑と裏切りに満ちた世界を生きる4人の人生が重なり合う。

テレンス・マリックの作品には、監督の烙印が押されているかのようだ。独特のスタイルは本作でも終始”スタンプ付き”である。ハリウッド的なドラマツルギーを大きく逸脱し、起承転結すらない。
オスカーを3度受賞したエマニュエル・ルベツキのカメラは、登場人物に寄り添い、まるでダンスをするように自在な動きを見せる。句読点の如く現れる鳥の群れを仰ぎ見るアングルは、人間たちを睥睨する神の視座を象徴しているかのようだ。光に向かい、光を背にし、空気や風の音、湿度まで伝えようとする透明感溢れる映像に圧倒される。
逡巡する女と男。罪の意識、魂の彷徨、目眩く感情の移り変わりを独白とも会話ともつかぬ台詞が連なる響きは、新しいスタイルの音楽劇か。

本作でマリックが舞台に選んだのは、米国テキサス州オースティン。音楽の街だ。一年中、様々な音楽フェスが開催され、ライヴハウスやスタジオが軒を連ねる。音楽を生業とする2人の男、歌の世界に進路を求めた女は、2人の男の間で揺れる。冒頭から断片的に挟まれる臨場感溢れる躍動的なフェスのシーン。登場人物の前に現れる様々な(本当の)ミュージシャンたち。
パティ・スミス、スウェーデンのリッキ・リー、ジョン・ライドン(セックス・ピストルズ)、イギー・ポップ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズらが本人役で出演するのだから贅沢な布陣だ。
ミュージシャンたちが繰り広げる現代のラヴストーリーなのだが、比重が置かれているのは恋愛のほうだったのかもしれない。ルーニー・マーラ、ライアン・ゴズリング、マイケル・ファスベンダーが”仕事”をしている場面は意外なほど印象に残らない。3人に絡んで恋愛模様を繰り広げるナタリー・ポートマン、ケイト・ブランシェット、ベレニス・マルローが、少ない出演場面ながら、存在感と光彩を放っているのは、マリックの演出マジックだろう。

成功した富裕なプロデューサーを演じるマイケル・ファスベンダーとの関わりを通し、人生に於ける挫折、裏切り、本当の愛、新しい世界に歩みだして行く彼ら。マリックの新作は思いの外、古典的な恋愛・音楽映画だった。(大瀧幸恵)


16079234027201.jpg

2017年/アメリカ/128分/英語/シネスコ/PG12
提供:キングレコード、AMGエンタテイメント
配給宣伝:AMGエンタテインメント
© 2017 Buckeye Pictures, LLC
公式サイト:https://songtosong.jp/
★12月25日(金)より、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開
posted by グランマゆきえ at 14:24Comment(0)アメリカ

ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え! (原題:Bill & Ted Face the Music)

16074371406432.jpg

監督:ディーン・パリソット
脚本:クリス・マシスン、エド・ソロモン
出演:キアヌ・リーブス、アレックス・ウィンター、クリスティン・スカール、サマラ・ウィービング、 ブリジット・ランディ=ペイン

自分たちの音楽が世界を救うことになると予言され、ロックバンドのワイルド・スタリオンズを率いてその時を30年も待っていたビルとテッド。だがバンドの人気はなくなり、家族だけが応援してくれるという状態になっていた。ある日、二人のもとに未来から使者が現われ、時空のゆがみによって人類滅亡の危機が77分25秒後に迫っていると告げる。世界を救う音楽を完成させるべく、二人と彼らの娘たちは時空を駆け巡ってモーツァルトやジミ・ヘンドリックスたちを集めて歴史上最強のバンドの結成に奔走する。

あの第1作から30年も経ったのか·····と感慨にふける間もなく映画は飛ばす!トバす!過去へ未来へと例の電話ボックス型タイムマシンに乗り、ビュンビュンと!自分たちとそっくりの娘を持つパパになっても、ビルとテッドは変わらない。「世界を救う」楽曲を作れぬまま残念なおっさんミュージシャンを続ける始末。お間抜けでバッドチューニングなノリ、ユルさなどなど全てを前2作から踏襲しているのは、ある意味スゴいことだ。

それもこれも、主演のキアヌ・リーブス、アレックス・ウィンター、脚本は前2作と同じくクリス・マシスンとエド・ソロモンが担っている点が要因だろう。30年の間にキアヌはスター俳優の座を駆け登り、アレックスは多くのドキュメンタリー映画を監督してきた。そんな2人が誇りに思ってきたビルとテッド役。30年越しに結実した第3作は、タイムマシン・プロットはそのままに仕掛けもおバカさ加減もスケールアップしている。
なにせ、1960年代に戻ってジミ・ヘンドリックスを、1922年のニューオーリンズではルイ・アームストロング、モーツアルトもバックバンドにスカウトしてしまうのだ。さらには、紀元前2600年まで遡り·····。続きはご覧頂こう。

新型コロナウイルスによるパンデミックに世界中が揺れる中、底抜けの楽観性は大きな力になるのではないか?あながち「世界を救う」のもフィクションではなかったりして!?(大瀧幸恵)


2020 年/アメリカ/カラー/5.1ch/91 分/G
配給:ファントム・フィルム
© 2020 Bill & Ted FTM, LLC. All rights reserved.
公式サイト:https://www.phantom-film.com/billandted/
★12 月 18 日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国順次公開
posted by グランマゆきえ at 23:20Comment(0)アメリカ

また、あなたとブッククラブで(原題:Book Club)

16074364992120.jpg

監督・脚本・製作:ビル・ホルダーマン
出演:ダイアン・キートン、ジェーン・フォンダ、キャンディス・バーゲン、メアリー・スティーンバージェン、クレイグ・T・ネルソン、アンディ・ガルシア、ドン・ジョンソン、リチャード・ドレイファス

長年の友人であるダイアン(ダイアン・キートン)、シャロン(キャンディス・バーゲン)、ビビアン(ジェーン・フォンダ)、キャロル(メアリー・スティーンバージェン)。さまざまな事情を抱えながらも固い友情で結ばれた彼女たちは、同じ1冊の本を読んだ後に感想を語るブッククラブと名付けた集まりを開いていた。ダイアンの提案でイギリスのベストセラー官能小説「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」を読み合うことになるが、その妖しい内容にメンバーが次々と感化されていく。

平均年齢74歳。輝かしいキャリアと演技力、カリスマ性、女子力溢れるオーラ。未だにエネルギーを放ち、重ねてきた年齢が醸し出す美しさと華やかさ!この4人の舵をとるのはさぞかし大変だったろうと思いきや、意外にも監督は本作が長編映画デビュー作、しかも43歳という若さ。これまでにロバート・レッドフォードなど数々の作品で製作・脚本として携わってきただけに、大女優の扱いには慣れていたのかもしれない。
老境に入った彼女たちの米国的「あるある」エピソードが列挙される。”米国的”と書いたのは、日本の同世代では考えられないほどの明け透けな性談義・性行為が繰り広げられることからだ。
しかも、読書会の本に選んだのは、世界的ベストセラーで映画化もされた官能小説「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」。本の上を行くのか下を行くのか、何とも表現し難い、しかし枯れない、自立した彼女たちが演じるとアッケラカンと明るいことこの上ない。

幾つになっても、「あの頃に戻りたいなんて思わない。今が一番幸せ!」と前向きに胸を張り、人生を諦めない姿は清々しい。お相手となる4人の男優たちもそれぞれ個性があり魅力的だ。
どの場面でも目を惹かれたのは、男女優8人が纏う衣装、そして米国富裕層らしきインテリアの意匠の数々だ。登場人物それぞれの個性を活かしながら役柄を引き立てることに成功していた。勇気を貰える一作である。それにしても、ベテラン女優を主演とした企画が通り、興行的にも成功するハリウッドと、若者対象のコミック原作が跋扈する邦画界との彼我を思う。(大瀧幸恵)


16074366625741.jpg

配給:キノフィルムズ 提供:木下グループ
2018/アメリカ/スコープサイズ 104 分/カラー/英語/ DCP 5.1ch
©2018 BOOKCLUB FOR CATS, LLC ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:https://bookclub-movie.jp/
★12 月 18 日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町・渋谷ほか全国順次公開
posted by グランマゆきえ at 23:12Comment(0)アメリカ