AWAKE

16079250340510.jpg

監督・脚本:山田篤宏
出演:吉沢亮(清田英一)、若葉竜也(浅川陸)、落合モトキ(磯野達也)、寛 一 郎(中島透)、馬場ふみか(磯野栞)、川島潤哉(山崎新一)、永岡佑(堀亮太)、森矢カンナ(山内ひろみ)、中村まこと(清田英作)

棋士養成機関である奨励会で棋士を目指していたものの、人並み外れた強さを誇る陸(若葉竜也)に敗れて奨励会から去った英一(吉沢亮)。大学に入学し、コンピュータ将棋と出合い、そのプログラミングに興味を抱く。AI研究会に入った彼は、幼いころから将棋一筋だったために周囲との接し方が分からず戸惑いつつも、先輩・磯野(落合モトキ)の指導を受けながらプログラム開発にのめり込んでいく。数年後、棋士とコンピュータが対局する電王戦への出場を依頼された英一は、相手が陸であることを知る。

冒頭、ライトが照らし出すのは将棋を指している手元のみ。カメラがパンすると、それがロボットとのAI対決だと分かる。繰り広げられているのは、プロ棋士との対局である電王戦。華やかなイベントの電飾。”煽り”が激しい音楽。本作は終始、緊張感を孕んだ場面と、子ども時代の牧歌的な回想シーン、プログラミング開発の焦燥感、といった緩急を自在に駆使し、スタイリッシュな快編となっている。
将棋、プログラミングともに疎くても、映画の出来不出来の判断はお任せあれ!これが長編デビュー作の山田篤宏監督。邦画界にとって、有望な監督の登場が高らかに宣言されたのだ。

人工知能の向こうには、プログラミングを開発した人間がいる。主人公が目標とする「定跡にとらわれない新しい一手を指す頭脳」。盤上に於ける宿命のライバル対決には、人間と人間との熱い血潮が漲っていいるのだ。 子ども時代を除き、2人の男は殆ど言葉を交わさない。山田監督の盤上対決に拘った思いが伝わる巧みな脚本展開は、爽やかな幕切れにまで通底している。

さり気ない劇伴の挿入、カラーリングのコントラスト、テンポの良い編集など、現場を離れた監督がポストプロダクションにも時間をかけ、本作に命を吹き込んだことが理解できる。演じる2人のイケメン実力派俳優と脇を固める演者陣の呼吸も合い、勝負の向こう側にある世界を描き出した。(大瀧幸恵)


16079251016831.jpg

2019年製作/119分/G/日本
配給:キノフィルムズ
(C) 2019『AWAKE』フィルムパートナーズ
公式サイト:http://awake-film.com/
★12月25日(金)より全国公開

"AWAKE"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: