ジャスト 6.5 闘いの証 (原題:Just 6.5)

16102895717282.jpg

監督・脚本:サイード・ルスタイ
出演: ペイマン・モアディ、 ナヴィッド・モハマドザデー、 ファルハド・アスラニ、 パリナーズ・イザドヤール

街にあふれる薬物依存者の多くはホームレス。薬物撲滅警察特別チームの一員であるサマドは、薬物売人の頂点に立つ大物ナセル・ハグザドを追っている。あの手この手の操作を繰り返したあげく、ついにナセルを彼のペントハウスに追い詰め刑務所に収監する。しかしそれは、ほんの始まりに過ぎなかった。

本作と『ウォーデン 消えた死刑囚』は、¨イラン2大傑作犯罪映画¨と銘打ち、同時公開される。それにしても、自国の暗部を剥き出しにした作品が、喜劇を除いたイラン映画史上最大のヒット作とは驚く。イランの人々は社会派の映画を好むのだろうか?もちろん本作は多くの観客を惹き付ける娯楽性も十二分に持ち合わせている。冒頭から疾風怒濤、フルスロットルのチェイスシーンに先ず度肝を抜かれた。影で映った対象が次第に実相となり、角角を曲がってフェンスを飛び越える。縦横無尽に 躍動するカメラ。 土を巻き上げるトラクター。追いつ追われつなどという表現が陳腐に思える程の疾走感を見せた後で、やっとタイトル…。

と、今度は主要キャストの超絶早口マシンガントークによる台詞の応酬合戦が始まる。警察官同士の口論、指揮を執る口上。ドラッグディーラー、運び屋、家族、関係者などに対しては、反論の隙も与えない激しい尋問。相手が女だろうがお構いなし。
「亭主は何処だ?!嘘をつくな!」「お前が花嫁になる夢を打ち砕いてやるぞ!」
一気呵成にまくし立てる迫力の恐ろしさに震え上がってしまう。
これは警察視点によるリアル捕物帖なのか?と思いながら観ていくと、途中から主客が入れ替わる。中盤から大物売人の視点となるに連れ、更に臨場感を増幅しつつ血潮漲る熱いドラマが立ち上がるのだ。

犯罪ものの域を凌駕したスケール感、映画に強いフィジカルを帯びさせたサイード・ルスタイ監督は、撮影当時30歳。これが2作目だという。作家性、娯楽性、社会性、豊かな表現力を伴った有望株が世界へ向けて高らかに発信した渾身作。ジャンルの枷を飛び越え、膂力を感じさせる必見のイラン映画である。(大瀧幸恵)


16102896321843.jpg

2019 年∕ 131 分∕ 1.85:1∕イラン
配給:オンリー・ハーツ
後援:駐日イラン大使館文化参事室
©Iranian Independents
公式サイト:http://just6.5andwarden.onlyhearts.co.jp/
★2021年1月16日(土)より、新宿K’s cinema 他にて公開

"ジャスト 6.5 闘いの証 (原題:Just 6.5)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: