哀愁しんでれら

16111609156520.jpg

監督・脚本:渡部亮平
音楽:フジモトヨシタカ
撮影監督:吉田明義
出演:土屋太鳳、田中圭、COCO、山田杏奈、ティーチャ、中村靖日、正名僕蔵、銀粉蝶、石橋凌

児童相談所で働き、平凡な毎日を送っていた小春(土屋太鳳)。だが、祖父が倒れて車で病院に向かうも事故に遭遇し、父親が飲酒運転で連行されてしまう。さらに、自転車屋を営んでいた自宅は火事になって廃業になった上に、恋人が自分の同僚と浮気している現場を目にしてしまう。全てを失って打ちひしがれる中、離婚歴がある裕福な開業医・大悟(田中圭)と出会う。8歳になる彼の娘ヒカリと打ち解け、彼からプロポーズされた小春は結婚し、一気に幸せの頂点に立つ。

観終わってから数日は、身体の中に衝撃が残っていた。あの土屋太鳳が?田中圭が!これほど闇の深い難役を演じるとは…。土屋太鳳が出演依頼後、3回は断ったというのも頷ける。それが本人の意思によるものか、事務所NG、スポンサーNGかは定かではない。が、今までのお人形さんのように可愛らしい役柄とは根本的に逆を向く狂気を孕んだヒロイン像から、土屋太鳳の”脱皮したい”意思が感じ取れた。

逆に脚本を読んでから、ノリノリで即決したという田中圭。前半と後半の演じ分けには、”先を読ませない”という強い信念と役者魂が乗り移ったようだった。
しかし、本作に於いて最も存在感を発揮し、主演2人を寄せ付けない名演を見せたのは、8歳で63万人以上のフォロワーを持つインスタグラマーのCOCO。驚くことに演技初体験だという!怪演、熱演、達者…そんな表現が陳腐に思える程の輝きを放っている。正直、顔立ちの可愛らしい女の子ならCMタレントなどから選べば良かったろう。
「COCOの持つ空気感は、他の誰にも真似できない魅力を放ち、演技力を超えた人間そのものに宿るパワーで溢れていました。演技経験ゼロの子役を使うリスクも当然考えました。ひとつ間違えれば映画すべてが台無しになってしまう可能性もあります。だけど、そのリスクを負ってでも、COCOは賭けてみたいと思わせる魅力的な存在でした」と渡部亮平監督は語る。賭けは見事に奏功した。

本作は渡部監督のオリジナル脚本である。コンプライアンス厳しい昨今の映画業界で実現させるには困難な内容と推察する。お伽話からダークファミリードラマ(というジャンルがなかったとしたら邦画では初?)へと変容して行く展開に応じ、色調は暖色から寒色系へ、『ラ・ラ・ランド』を思わせるワンカット長回しのミュージカルシーンを中心に配すなど、確かな計算とセンスに基付いた技量を見せてくれた。

ネタばれできないストーリーのため、銀粉蝶のいぶし銀のような演技が映画全体を引き締めていた点と、「白馬に乗った王子さまより、外車に乗ったお医者さまよ!」の名台詞が最後まで効いていたことをお伝えしたい。
(大瀧幸恵)


16111610139171.jpg

2021年製作/114分/G/日本
配給:クロックワークス
(C) 2021 『哀愁しんでれら』製作委員会
公式サイト:https://aishu-cinderella.com/
★2021年2月5日(金)から、新宿バルト9他、全国公開

"哀愁しんでれら"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: