聖なる犯罪者 (原題: Boże Ciało、 英題: Corpus Christi)


16099514822450.jpg

監督:ヤン・コマサ
出演:バルトシュ・ビィエレニア、エリーザ・リチェムブル、アレクサンドラ・コニェチュナ、トマシュ・ジィェンテク

少年院に服役中のダニエルは、前科者は聖職に就けぬと知りながらも神父になることを夢見ている。仮釈放となり田舎の製材所で職を得たダニエルは、ふと立寄った教会で新任の司祭と勘違いされ、司祭の代わりを命じられる。司祭らしからぬダニエルに村人たちは戸惑うが、徐々に人々の信頼を得ていく。数年前、この村で起こった凄惨な事故を知ったダニエルは、心に深い傷を負った村人たちを癒そうと模索する。そんな中、少年院にいた男が現れ、すべてを暴くとダニエルを脅し、事態は思わぬ方向へと転がりだす…。

とてつもない技量を持つ監督と、神がかった魂すら造形する若手俳優を前に目を逸らすことすら許されない115分だ。前年の『COLD WAR あの歌、2つの心』に続き、ポーランド映画が昨年のオスカー外国映画賞にノミネートされたのは喜ばしい。結果は『パラサイト〜』に譲ったものの、衝撃度且つクオリティの高さは負けていない。
無神論者なのに、宗教には人一倍強い関心を持つ者として、本作の至る所、画面の奥に潜む隅々まで興味は尽きなかった。聖と俗、信と疑、虚飾と真理、罪と赦し、静と動、欲と謙虚、恐怖と安堵、愛と憎悪、熱情と怜悧、病と健全、生と死…。思いつくまま列挙したこれらの二項対立が本作の主題と見せながら、実はこのように単純に整理できない、捉えどころがない人物を主役に据えている。矛盾した複雑さを孕む物語は、2度3度と見返す度に新たな発見を与えてくれる深度に達しているのだ。

決して難解な映画ではない。最後までスリルに満ちた緊張感と、不穏な空気に支配されたニュアンスを楽しむ映画でもある。敬虔なカソリック信者が大半であるポーランドの実相、司祭の判断が地域の政治や経済にまで及ぼす影響といった描写は興味深い。

最初から最後まで主人公の視点で構成されることから、先ずはキャスティングが重要だ。ヤン・コマサ監督はこれ以上望めない程の敵役を得た。28歳のバルトシュ・ビィエレニアは奇跡の如き名演で監督の期待に応えた。落ち窪んだ眼窩、薄緑色の瞳は時に憎悪を燃やしたかと思えば、神の視座で信者を看取る。熱情を込めた説法でロックスターの恍惚を表し、クラブではアシッドをキメて瞳孔は開きっ放し!獣のようにしなやかな身のこなしは少年を思わせるイノセントさ、女性的な穏やかさと狡猾な光を放つ。敢然とキリスト像を見上げる強い決意の眼差し…。ビィエレニアの瞳の演技だけで本作の意図が伝わる程だ。
ラストの解釈は観客に委ねられている。実話ベースの傑作をお見逃しなく!(大瀧幸恵)


16099516968521.jpg

2019 年/ポーランド=フランス合作/ポーランド語/115 分/R18/5.1ch デジタル/スコープサイズ
後援:ポーランド広報文化センター
配給:ハーク
© 2019 Aurum Film Bodzak Hickinbotham SPJ.- WFSWalter Film Studio Sp.z o.o.- Wojewódzki Dom Kultury W Rzeszowie - ITI Neovision S.A.- Les Contes Modernes
公式サイト:http://hark3.com/seinaru-hanzaisha
★2021 年 1 月 15 日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

ハッピー・バースデー 家族のいる時間 (原題:Fête de famille 英題:HAPPY BIRTHDAY)

16091385174530.jpg

監督:セドリック・カーン 
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、エマニュエル・ベルコ、ヴァンサン・マケーニュ、セドリック・カーン

70歳になったアンドレアは、夫のジャン、孫のエマとフランス南西部の邸宅で優雅に暮らしている。そこへ、母の誕生日を祝うため、しっかり者の長男ヴァンサンと妻マリー、二人の息子、そして映画監督志望の次男ロマンが恋人ロジータを連れてやってくる。家族が揃い、楽しい宴が始まったそのとき、3年前に姿を消した長女クレールが帰ってくる。アンドレアは娘をあたたかく迎え入れるが、他の家族は突然のことに戸惑いを隠せない。案の定、情緒不安定なクレールは家族が抱える秘密や問題をさらけ出し、大きな火種をつくりだす。やがてそれぞれの思いがすれ違い、混乱の一夜が幕を開ける――。

「映画でフランスの歌を聞くのは大好きです。センチメンタルでノスタルジックな気持ちになります。全てのセリフがシャンソンでできた映画を撮るのが夢ですね」監督のセドリック・カーンは語る。その通りだ!本作で使用されたフランソワーズ・アルディの「Mon amie la rose」、ムルージの「L’Amour, l’amour, l’amour」が流れると、観客は一気にロマンと感傷の薫り高い世界へ惹き込まれる。シャンソンは甘い香気を放ち、想像力を喚起させる”シアトリカルな音楽”なのではないだろうか。
本作は家族たちを様々な角度から描く群像劇である。ある1日(母の誕生日)、ある場所(仏南西部の家)を舞台に起こる1幕ものの舞台劇のようだ。家族たちが泣いたり怒ったり笑ったり、わめくは騒ぐわ、剥き出しの感情をぶつけ合う。それもお金に纏わる話だからタチが悪い。しかし、そんなこんなの出来事も甘やかなシャンソンが流れるだけで帳消しになってしまう。不思議な作用を映画に齎す音楽だ。

家族の中心となっている母親役は大女優カトリーヌ・ドヌーヴだが、本作で敢然と光を放つのは、『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』の名演・名監督ぶりが忘れ難いエマニュエル・ベルコだろう。登場する度に、俳優魂が躍動し画面に刻まれる。女の血潮が漲る熱さを体現するのだ。かといって熱演タイプではなく、演出家らしい冷静さも持ち合わせ得ている。
もう1人、弟役のヴァンサン・マケーニュもエキセントリック担当。マケーニュもエマニュエル・ベルコも映画監督と俳優を兼ねた才人だ。一方、セドリック・カーン自身は常識派の長男を演じ、受けの芝居に回っている。そんなアンサンブル演技を眺めるのも本作の楽しさだ。

さらに別な主人公ともいえるのが、家族一同が集う「家」。果実の生る緑豊かな庭園。車回しまでの長い道。木漏れ日の下に長テーブルを囲んでワインと手造りの家庭料理を興ずる。古めかしい様式の大きな邸宅を駆け回る子供たち。色褪せた壁紙まで魅力的に映る。決して華美ではないこの家が、家族の争いの的にもなる皮肉。
カメラは多くがワンシーンワンカットで撮影され、登場人物が絶え間なく動くことでリズム感が生まれる。逆に、食卓につく場面では、登場人物たちが話す様、聞いている様子を細かなカット割りで見せる。俳優でもあるカーンらしい細心の撮影手法が見事だ。
家族至上主義、礼賛ではないシニカルな内容も、ラストのシャンソンでは誰もが幸せを感じるだろう。
(大瀧幸恵)

16100135819020.jpg

2019年|フランス|101分|5.1ch|シネマスコープ|カラー
提供:東京テアトル/東北新社 
配給:彩プロ/東京テアトル/STAR CHANNEL MOVIES
©Les Films du Worso 
公式サイト:http://happy-birthday-movie.com
★2021年1月8日(金)より、YEBISU GARDEN CINEMA他にて全国公開
posted by グランマゆきえ at 15:57Comment(0)フランス

新感染半島 ファイナル・ステージ( 原題:Peninsula)

16086581318551.jpg

監督:ヨン・サンホ
出演:カン・ドンウォン(ジョンソク)、イ・ジョンヒョン(ミンジョン)、クォン・ヘヒョ(キム)、キム・ミンジェ(ファン兵長)、ク・ギョファン(ソ大尉)、キム・ドゥユン(チョルミン)、イ・レ(ジュニ)、イ・イェオン(ユジン)

「半島」を襲ったパンデミックから4年。香港に逃れた元軍人のジョンソク(カン・ドンウォン)は、任務のために半島に戻ってくる。その任務とは、3日以内に大金を積んだトラックを回収し、半島を脱出するというもの。ジョンソクと仲間はウイルスにより凶暴化した人間たちから逃れ、トラックを回収。しかし民兵集団に襲撃され、トラックも奪われてしまう。

メガヒットとなった前作『新感染 ファイナル・エクスプレス』から4年。一連の韓国発ゾンビ映画や配信ドラマを、K-POPならぬ”K-ZONBIE”という造語で呼ぶそうだ。実はゾンビものや韓流ドラマにも関心がない身だが、前作のスタイリッシュで洗練された映像美には惹かれていた。
本作はパンデミックにより孤立した韓国の惨状が描かれる。4年を経た韓半島は朽ち果てた廃墟となり、”ポスト・アポカリプス”状態だ。その現状を表現する美術セット、意匠の造形に圧倒される。謂わば、湿度の高い「アジア版『マッドマックス 怒りのデスロード』」なのだ!ヨン・サンホ監督自身、『マッドマックス 怒りのデスロード』や『AKIRA』に影響を受けた、と語っている。打ち捨てられた車や建造物は粘菌類で覆われ、一面緑色と黴に支配された世界。足元は滑った土壌。荒んだ匂いまで伝わってきそうな地獄絵図だ。
香港へ難民として移住した主人公が、儲け話に乗っかり、武装を固め、義兄と共に乗り込むと、4年を経ても襲い来るゾンビたち。

だが、本当の敵はゾンビではなく、人間だったという”恐怖から激情”への変容が、韓国映画らしくて興味深い。ハイボルテージ且つ激情剥き出しのキャラクターたちが、欲望を分かりやすく発露し、金と韓半島脱出を求めて猛ダッシュする。全編を貫く疾走感、ダイナミックな視覚化は人間の本性を曝け出す。カーチェイス、銃バトルなどの表現には爽快感はなく、ひたすらおどろおどろしい。ラストで少女の呟く諦念とも受取れる言葉が救いとなり、感傷過多を抑制した。(大瀧幸恵)


16086580818330.jpg

2020年製作/116分/G/韓国
配給:ギャガ
(C) 2020 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILMS.All Rights Reserved.
公式サイト:https://gaga.ne.jp/shin-kansen-hantou/
★2021年1月1日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開








posted by グランマゆきえ at 02:31Comment(0)韓国